| PAGESELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

京都~冬~ 1月14日

 俺にとっては久しぶりの京阪電車。最近では『京阪乗る人おけいはん』などとわけのわからぬCM(関西のみ)を流している。そして、かの有名?なテレビが見られる特急(かつてサザエさんの中でも紹介されていた)に乗って目的の七条までしっかりと眠りについていた俺である。

 今回の目的である三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)に行くために七条で降りたのだが、なにやら弓矢を持った人がちらほらと…そう、この日は毎年、三十三間堂でおこなわれる通し矢の日だったのである。一瞬、まずい日に来てしまったかと思ったが、すぐにラッキーへと変わった。と言うのも、この日は拝観料が無料だったのだ。って、書くとせこいと思われるけど、実は、この日は年に一度の柳のご加持の日でとっても特別な日だったのです。こんな日に行けるなんてやっぱりラッキーでしょ。もちろん、しっかりと浄水を頭にかけていただきました。
  それにしても、約10年ぶりの三十三間堂だったんだけど、ここの1001体の千手観音像たちには圧倒されますね。それに、ここには教科書なんかで見る国宝がいっぱいあるので、それだけでも感動ものです。しかし、前回来た時も真冬で寒かったのだが、裸足で堂内を拝観すると出る頃には足の感覚もなくなってしまうのである。もちろん、今回も前回にも増して足の感覚がなくなったのは言うまでもない。

 三十三間堂をあとにして俺は再びおけいはんとなり京阪三条まで。ここでは俺がいつも行くうどん屋さんで昼食を取る。そしてなぜだかいつもの鍋焼きうどんだった。

 次に向かったのが高台寺(こうだいじ)だったのだが、その前に智恩院(ちおんいん)へと立ち寄る。今回は有名な三門からではなく裏の黒門から境内へ抜けた。智恩院には左甚五郎にまつわる「忘れ傘」、リアルに描きすぎたために襖絵から逃げ出したとされる「抜け雀」、「鶯張りの廊下」など七不思議もあって面白い。ただ、今回はホントに立ち寄ったと言うだけあって、本堂のみでのお参りを済ましただけだったので、次回、行くことがあればこの七不思議を眺めて見たいもである。それにしてもここの三門は威圧的で近くによると本当に圧倒される。俺としては東大寺(奈良)の南大門に匹敵するくらい凄い門である。ただし、こちらのほうがやはり都会的?に見えるのは俺だけだろうか…

 そして、いよいよ高台寺へと向かう。ここは、去年の秋に夜間拝観の為に一度来たのだが、人の多さに挫折した場所である。しかし、今回は前回とうってかわって観光客の数も少ない。高台寺は北の政所(ねね)の菩提寺でも有名である。寺の境内に入ると本当に静かなところであり、ねねが後世を過ごした場所とあってか、どことなく女性的である。まばらな観光客もやはり女性が多いのもなんとなくうなずける。しかしながら、ここも見所は沢山でそんなに広くはない境内をゆっくりと散策することが出来た。今回は参加しなかったのだが、定期的にお茶会も開かれており、それと今年は3月15日まで毎日、法話をきかせてくれるとのこと。まさに、癒しブームの今としてはぴったりのお寺かも。それに、真冬の京都は観光客も少ないのでお寺めぐりをするには一番イイ季節かも。もちろん、寒さに耐えられることが条件だけどね。
 そして、この日は寒いながらも天気が良かったのだが、高台寺の本堂で休息していると雪が降ってきました。俺にとっては願ったり叶ったりで、積もりこそはしなかったけど夕方の高台寺にはぴったりの演出でした。でも、やっぱり寒かったです。

 高台寺をあとにして四条河原町へと向かう。途中、八坂神社を通り抜けたりしたのだが、この頃には雪も本降り。積もるかなぁ?なんて思ったりもしたのだが、結局、最後は晴れてきたんだけどね。

 それにしても、やっぱり京都はイイね。春の桜も、夏の送り火も、秋の紅葉も、そしてこの冬の凛とした寒さが俺にとっての京都の魅力である。ただ、この一年で見て回ったところは東山に集中していたのが残念である。と言うことで、今度は北山辺りに行きたいんだけど、東山にもまだまだ良いところが沢山あるんだよね。まぁ、それはゆっくりと時間をかけて実行していくつもり。

 最後に、俺にとっての京都とは何かと言うと、やはり俺の原点なのである。それは生まれた場所であり、学んだ場所であるから。そして、今の俺があるのはやっぱり京都であることがあったから…なんだけど、それはまたの機会と言うことで。

京都~冬~ 1/14 2001 in Kyoto

※こちらはHBからの転載になります。
スポンサーサイト

| Travel & Gourmet | 11:17 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

| PAGESELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。