| PAGESELECT |

≫ EDIT

2002 7-12

マイノリティレポート

これはもう今年の正月映画の中では一番面白いと思いました。ハリポタは大人がが鑑賞に堪えうるファミリー映画に対して、これはもう大人にしかわからない映画。ま、それが良い映画って言うわけではないけど、俺的にはかなり楽しかったです。『A.I.』と比べられるけどまったく別モノ。あれはキューブリックの作品であって、スピルバーグの作品ではないと思っています。『マイノリティ~』は明らかにスピルバーグの作品であり、エンタテインメントとしての要素はこれでもかって言うくらい入ってます。何よりも俺が好きなのはスピルバーグ作品全体に言えることなんだけど、何とも言えない光の入れ方が良いのだ。これとは別なんだけど予告編でやっていた同じくスピルバーグの作品で来春公開(アメリカでは本日)の『Cach me If you can』は俺的にはかなり期待。それにしても『ロードオブザリング/二つの塔』は来年の公開なんだろう。いくらハリポタとかち合うからと言って、ずらされるのは解せない。世界中の主要国ではほとんど公開されてるって言うのに…。やっぱ、見たい映画はリアルタイムで見たいのである。
2002/12/25

THE RING

小説、松嶋菜々子の映画、柳葉俊郎のドラマ、高橋克典のSPドラマと全部見ておりましたが、それぞれ違っていて面白いです。もちろん、俺としては原作がいちばん怖くて面白かったんだけど、俺にとってこの一連のリングは文句を言うこともなくみております。つまらなささで言えばドラマ版だったんだけどね。で、今回のこの“ザ・リング”は原作にある複雑な貞子(サマラ)の怨念の理由とか生い立ちがほとんどなくて、物足りなさ感は確かにあった。でも、インターナショナルで公開するにはこれくらい話しを簡単にしたほうがイイのかもね。アメリカで大ヒットしている理由はここにあるのかも。注文をつければきりがないけど、今後こういったホラー映画がアメリカでどんどん出てきそうな感じだし、スプラッター系のホラーに慣れたアメリカン人にはとても新鮮だろうね。
2002/11/19

OUT

今日観た来たのは桐野夏生原作の「OUT」です。初めに書きますが、原作は読んでいません。テレビドラマは見てました。なので、原作とどうのこうのって言うのは書きません。とにかく、出ている女優陣に惹かれてついつい劇場に足を運んでしまいました。結果はコメディでした…って、ことでこのコメディ(的要素)部分はマジで笑えて面白かったんだけど、原作をそのまま2時間で収めるのってやっぱり無理があったんだと思う。もしもテレビドラマが原作通りだとすると、あの内容を2時間で説明できるわけがないのだ。正直言って芸達者な出演者達の演技が無駄になってしまいます。とくに間寛平が演っていた佐竹なんてわけのわからん人殺しになっていて、あまりにも唐突すぎてがっかり。ようは、人物像が練り込まれていないのだ。俺はまだテレビドラマを見ていたから、ストーリーについて行けたけど、ホントに何も知らずに見たら、簡単に人を殺して、簡単に刻んで、簡単に逃げちゃった、ってそれだけの映画になってしまうのではないだろうかね。それにしても最後に出てきた吉田日出子はいったい何だったんだろう?すごい存在感を残して去っちゃたんだけど…
2002/10/19

オースティンパワーズ ゴールドメンバー

そろそろ夏も終わりなんで最後に海にでもって思っていたんだけど、結局、そんなに天気も良くなかったので久しぶりに映画を観てまいりました。俺が観る映画としては久しぶりに馬鹿コメディ。

で、その映画とは豪華出演者多数で話題の「オースティンパワーズ ゴールドメンバー」でございます。まぁ、とにかく笑ったわ。いきなりあの映画であの俳優であの監督と来れば、年末に公開される映画の制作費を捻出するために出ちゃったのよ的に出演していたので妙な勘ぐりをいれながら大笑い。と言っても本人達はいたって真面目に出演していたのでしょう(笑)。実はこのシリーズ初めて観ました。と言うのも主演のマイク・マイヤーズが好きではないのだ。俺自身の英語力のなさもさることながら、どうしてもあの顔が生理的に受け付けなかったの(笑)。でも、なぜか今回は観てみたい!って気になって彼の映画を初鑑賞。で、結果は本当に笑えたって感じで、年に数回はこんなおバカ映画を観なきゃと思ったしだいである。おかげで少しはマイク・マイヤーズ嫌いも治ったはず?
2002/8/26
スポンサーサイト

| Movie | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |