| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

来年こそはいい年にしたいぞ!

今年最後の日記のタイトル、それが俺だけの願いでなくみんなの願いであることを信じて今年最後に書き殴ります(笑)。

今年を振り返って、とにかく悲惨な出来事が多すぎましたね。昨年末の津波に始まり、4月のJR福知山線の脱線事故は俺自身、阪神大震災を思い出してとてもいたたまれませんしたね。で、夏には私事ではあるけど体調を崩して入院し、秋は女児殺害のニュースが連続してあったり、姉妹が殺されたりとかホント、どこかこの国はおかしくなってしまったのか?と思ったほどである。そして、最後の最後にまたもや脱線事故。今度はJR東日本。こんな時期になんで?って感じである。亡くなったのは5名と福知山線の時に比べれば格段少ないけれどやはりその辛さは同じだと思います。それにしても、地震もそうだけど都会と田舎とではやはり規模が違ってしまうものだと改めて実感。できるだけ、同じようなことが起こらないことを願うばかりである。

閑話休題
本題は、さっきまでやっていた紅白とレコ大について。レコ大の結果は誰が聞いても誰が見てもやっぱりおかしい倖田來未である。明らかに現在のレコード会社(エイベックス)の力が見え見えである。正直、あゆの3年連続ってのもうんざりだったけど、今年ほどあからさまにやれちゃうとね…。その昔、誰が大賞を獲るか?って見ていた時代はもう来ないのかね。mixiで一番びっくりしたのは大本命と思っていた氷川きよしと書いたんだけど、そうではなくて当の倖田來未ではないかと思った。大賞を獲った曲は俺も好きなんだけど、でも、やっぱり大賞を獲る器ではないと思う。それは倖田來未本人も含めてである。

でもう一つの年末の番組の紅白。とりあえず年越しそばやお節の準備を手伝いながらたらたとみていたけど、今回の一番の収穫は仲間由紀恵でしたね。来年の大河の主演での抜擢だったけど、思った以上に司会が上手。いっそのことならwithダウンローズも出して欲しかったかも(ウソ)。

で、とりあえず見逃したものはコメント抜きにして俺としては一番許せなかったのが坂本冬美ちゃんの順番である。いくらなんでもあんな早い時間に出されちゃうと歌なんてちゃんと聞けやしないのである。やっぱり歌が上手い歌手はじっくり聞きたいのである。

モー娘。はもういいです。あやや、その他も含めてハロプロ一組枠での出場を熱望。てか、もう出なくてよい。そのかわりに後3組別に出てもらっても良い歌手がいたはず。

今回の一番のがっかりと言えばゴリエ。ま、もちろん期待もしていなかったんだけどそれにしてもゴリエはなにしにきた?応援合戦か?みていた家族全員唖然としていたぞ。歌うたえよ!馬鹿なショーはみたくないの一言につきる。それと小林幸子…去年はとーっても素敵な着物で俺の中での評価が上がったのに今年は学芸会でがっかり…てか、あほかってな感じ。電飾にすると電気代ともしもの不具合が怖くて布張りだったのがあまりにもあわれ…。例年以上に拍手が少なかったね。なんでも、去年は新潟の地震の被災者を考慮してシックにしたらしいけど、今年は希望をもってもらうだと?自己満足もあそこまで行けばたいしたもんだけどね。それにしてもヅラが気持ち悪かったです。

大トリのSMAP…………お願いだから口パクでおねがいします。最後の最後に聞く歌い方ではございません。確かに曲は良いけどやっぱりSMAPでした。

それに比べて紅組トリの天童よしみ。歌ったのがひばりの『川の流れにように』である。おそらくスキウタ上位の曲で今は亡き美空ひばりが出るはずもなく、同等の技量ををもった天童よしみしか歌えないと言うことで選んだんだろうけど、やっぱり選曲ミスだと思った。これは『愛の賛歌』を歌った美川憲一も同じ。やっぱり紅白に出る歌手は自身の曲で歌わせるべきである。正直、ユーミンや山崎まさよしが中継だったのであれば、美空ひばりのビデオを流すほうがマシである。

と、ここまで不満不平をたらたらと書きまくったけど良かった歌手ももちろんありました。俺的にはDef Teckと中島美嘉、あとはレコ大を獲れなかった氷川きよしくん。来年あたりは氷川きよしに大トリをと願ってしまう俺である。あと、長山洋子が良かったかな。

そうそう、最後の最後にみのもんたうざすぎです。やっぱり貴方は民放向けです。二度とNHKの司会はしないでと思った次第。

とまぁこんな感じだけど実は途中でまたもや温泉に行ってました。場所はおとといの中津温泉からの帰りにあった川辺温泉。大晦日と言うことで混んでいるかな?思ったけどガラガラでした。しかし、ここのお湯も大変よく田舎の温泉もまんざら捨てたものではないと思った。

さ、これであとは寝るだけと思ってケータイでニュースを見ていたら田村亮子が男児を出産していた。ちょっとしためでたい話題でした。

さ、それでは行く年来る年、ではないですが皆様良いお年を。そして、この日の表題にもどるのである。
スポンサーサイト

| Time as you pass by | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

とにかく温泉に行きたかった…

昨日は友人宅を昼過ぎにでて、お目当ての豊中の三国近辺にあるたこ焼きを食べて実家へと思っていたのだが、すでにお休みになっていて断念。腹を空かせていったのにめちゃくちゃ残念である。とは言うものの、さすがに元?地元と言っても過言でない淀川、豊中エリア。このときはどうしてもたこ焼きが食べたかったんで、お気に入りのたこ焼き屋はあと何軒かあったのでそちらに足を伸ばす。で、結局東三国にある店でたこ焼きとイカ焼きを買って車の中でランチ。とりあえず満足である。

で、いざ実家まで高速をひた走る。ただ、この日は早くに着いても誰も家にいないと言うことで、かなりのんびり目に車を走らせた。途中のサービスエリアでコーヒーを飲みながら年末の番組をみたりと。で、ふと思いついたのが温泉に行くことだったのである。和歌山と言えば白浜に龍神に勝浦と結構良いところはあるんだけど、そこまで行くにはちょいと時間がなかったので実家の近所で検索してみた。そしたら、中津温泉というのがあるのを発見。本当はこの温泉の鳴滝と言うところに行きたかったんだけど、年末で休館日だったので中津荘と言うところに行った。ここは実家からも25分ほどで行けて、実家のある御坊から一つ手前の川辺から降りると15分ほどで行けるとのことで早速行ってみた。到着したのは午後4時過ぎをまわった頃だったんだけど誰もお客さんがいなくて入るのに躊躇したんだけど、せっかくここまで足を伸ばしたので利用することにした。お風呂自体は、内湯が一つあるだけのこぢんまりとした温泉。ホント、田舎の浴場って感じなんだけど、浸かってみるとこれがまた良いお湯なのである。で、あらためて泉質を見ると、なるほど、あの龍神温泉と同じ泉質なのである。もうね、お肌はつるつるを通り越してヌルヌルでしっとりって感じ。お湯の温度もちょうど良くて長湯しても全然平気でしたね。こんなところが実家の近所にあるなんてちょっとした発見でした。

で、今日は弟を誘って白浜までひとっ走りしてきました。目的は頼まれもののおみやげを買うためだったんだけど、当然白浜に行くのだから温泉にはいらない訳にはいかない。白浜も実家からは1時間ほどで行けるので楽勝である。それにしても今日はかなり暖かくて先日までの寒波が嘘のようである。ま、和歌山は冬でも激寒って感じでにはならないので岐阜との温度差をかなり感じてしまいました。で、目的のおみやげをそそくさと買い込んで、以前から利用していた草原の湯に行くことに。ここに来るのも5年ぶりで、以前とは変わっていて、宿泊施設なんかもできていてかなり豪華になっていた。でも、7種類ほどあるお風呂がいくつかリニューアル中で全部のお風呂を堪能することが出来なかったのが残念。でも、相変わらず白浜のお湯も良いですね。硫黄の香りがほのかにしていかにも温泉ってかんじである。ずいぶん前の日記や雑記にも書いているんだけど、高校時代にバイトしたりとか、大阪時代は夏になると毎年訪れていた思い入れの深い土地なのである。

| Travel & Gourmet | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

たまにはフレンチでも…大阪にて

一足先に年末年始のお休みをいただく。
で、まずは28日に大阪に寄って十数年来の友人と忘年会を兼ねた食事に出かける。この友人と食事は最近では和食やらイタリアンって感じが多かったんだけど、久しぶりにフレンチに決定。ぐるなびやいろんな情報をかき集めて、結局素人さんの口コミにあった店にした。場所は西天満から歩いて10分ほどのラ・カントというお店。行った日が年内最後の営業と言うことと、周辺はオフィス街のため年末の休みに入ってるところが多くて、そのためかほとんど貸しきりで食事を楽しめた。お値段は決して安くはないけど、それでもリーズナブルで店の雰囲気も落ち着いていて、スタッフの接客もとても良い感じでした。もちろん味も良かったんだけどね。

それにしてもこの友人ともかなり長い付き合いで、俺の酸いも甘いも全部知ってると言って過言でない仲である。知り合った頃からするとお互いにかなり年はとったけど、相変わらず良いノリの友人である。おそらく、一生もんの友人である。で、この日はこの友人宅に泊めてもらい明日はお盆以来の実家である。

| Travel & Gourmet | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

恒例?今年のランキング

今年もそろそろ終わりなんでそろそろ今年のランキングなんぞを。

歌(シングル)
くるり『Baby I love you』
ケツメイシ『さくら』
トラジハイジ『ファンタスティボ』
Def Teck『My Way』

(アルバム)
つじあやの『Calender Calendar』
BENNIE K『Japana-rhythm』
Def Teck『Def Teck』

映画
チャーリーとチョコレート工場
ALWAYS三丁目の夕日

とまぁ、こんな感じでありますね。
シングルはaikoとかも良い感じなんだけど『三国駅』はあまりにも思い出が強すぎて却下です(笑)。アルバムはケツメイシの『ケツノポリス』も入れたいしスピッツの『スーベニア』も捨てがたいんだけど、聞き込み度はやっぱりこの3枚。特につじあやのは年末にきて一気にブレイクって感じ。映画はもうこの2作品に限るかな。さて、来年はどんなエンタメランキングになるんでしょ。

| Time as you pass by | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスラプソディ

いきなりだけど、またもや列車事故。しかも豪雪の中に何人か取り残されてるらしい。寒いだろうな…思うと胸が苦しくなるね。なんだか、日本の安全と言う言葉がことごとく崩れ去る一年だった年である。

閑話休題

いやぁ、日曜日の今日は本当に一日中テレビの前に座っていたって感じ。とにかく今日はクリスマスイベントが目白押しでドキドキしたり、大笑いしたり、感動したりと本当にめまぐるしい一日でした。

有馬記念は本当に残念ながらディープが負けてしまいました。要因はいろいろあるだろうけど、過ぎ去ってしまったことは仕方がない。まさに“Time as you pass by"である。それにしても切れ味が全くなく、これまでの33秒台でゴール駆け抜けた馬とは大違いの35秒台。色んな意味での夢は叶わなかったけど、来年以降のレースを楽しみにグランプリは終焉。それにしても、勝ったハーツクライのルメール騎手は抜群の騎乗をしたと思った。

女子フィギアは俺の予想通り村主章枝がしっかりとトリノの切符を手中に。今回の全日本を見ていて思ったけど、やはりフィギアはジャンプだけではないと改めて思ったのが実感。とにかく、ショート、フリーともに村主演技に見とれてしまいました。何よりもあの顔(失礼)は悲壮感がよく似合う。曲ともマッチしていてマジで素敵だと思ってしまったくらい。荒川静香も同じ事が言えるのでは。それにしても、俺が解せないのはやはり安藤美姫のトリノ決定(内定)である。昨シーズンのポイントを重視した結果、安藤がトップらしいけど、俺としては有言実行の出来ないアスリートは問題外である。それはいくら若いとか言っても、俺の仲では評価が下がりっぱなしである。今シーズンの出来、さらに今回の全日本の出来からすると安藤ではなく、恩田や中野が選ばれるべきではないか?たしかに、過去に女子マラソンで有森裕子が実績だけでオリンピックに出て銅メダルは取った事はあるけど、どうかなと思う。とりあえず選ばれたからには素敵な演技を見せて欲しいとは思うけど、果たして4回転は見ることができるのか?もう何度目かの発言だけど、跳ばない方に1票である。

もうひとつ密かに楽しみにしていたのがM-1グランプリ。なぜかと言うとブラックマヨネーズが出ていたからである。特にファンというわけではなく、実は最近になってやっと知った彼らなんだけど、これが本当に面白い漫才をしていて一発で気に入ってしまいました。正直お笑い不毛の名古屋ではなかなか知名度は低かったけど(関西ではすでに知られた存在)、彼らのだすオーソドックスな笑いは本当に俺のツボをプスプスと押したのである。そんな彼らも見事に優勝で、伸助も絶賛していたくらい。正直最近のお笑いブームって下品な芸が多くてイマイチ気に入らないんだけど彼らは別。やっぱりお笑いは大阪とあらためてうなってしまいました。

さて、今年もあとわずかで明日からしばらく大阪&実家に帰ってきます。ま、更新が出来るかどうかわからんけど、とりあえず皆様良いお年を。

| Time as you pass by | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT