| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

最後の最後にこれだけは…

紅白は、今年は本当に大方の予想通りに終わったって感じでした。なんか、もう全然華がないって感じで好きな歌手の時でさえもういいかなって思ってしまったほど。もう何度も言ってることだけど、小林幸子と美川憲一の舞台装置はどうでも良いし、浜崎あゆみはあいかわらず毎年同じ衣装じゃないかと思うほどのだささ。一番盛り上がったと思えたOZMAでさえ、結果的には悪者扱い。なんかさ、こんなになるんだったら本当に紅白と言う冠をとっぱらって別のものしたほうがいいのかも。テーマと演出のアンバランスさが見ていて痛々しいほどである。だいたい、この時代すべての世代を取り込もうとしているこの番組の趣旨自体がもう違うことをNHKは知らなきゃならんと思う。“視聴料”で収益を上げる“会社”なんだからね。とは言え、ところどころでは良かったし、番組自体をなくすなんて荒業は必要ないと思うのであります。そのところどころで良かったのは、アンジェラ・アキと徳永英明。共通して言えるのは郷愁感ですか。非常に良かったです。しかし、ここ数年では一番記憶に残らない紅白歌合戦は間違いない。

さて今年も本当に余すところあと数分。近所のお寺からも除夜の鐘の音が鳴り響いております。母親たちは一足お先に初詣に出かけ俺はと言うとのんびり年またぎの入浴となりそうです。
スポンサーサイト

| Time as you pass by | 23:50 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

とりあえず…とりあえずですよ!

今年の更新は。

俺としては本日が仕事納め。正月3日までつかの間の休日を…と思いながら、仕事が終わってから深夜のドライブにて帰省します。と言っても、明日、明後日は大阪にて友人と飯食ったり、あんなことやこんなことをして大晦日に実家に帰る予定。

それにしても、今年は去年とうってかわって気温が高い。昨日なんかはまるで春先の天気と風。本来この季節に使うなら小春日和という言葉が正しいのだろうけど、昨日ばかりはこの言葉も使い方が間違っているのでは?と思ったほどである。でもって今日はまた冬…。
なんだけど、今度は雪らしい。この日記がアップ(自動アップです)される頃はちょうど関が原のあたりを走っていると思うんだけど、雪が降ってなきゃいいけど…。去年の帰省のときはちょうどこのあたりで大雪に見舞われていたのではあるが。

さて、そろそろ今年の更新も終わりかな。一応、PCは持って行くのでもう一回ラスト更新はあるのかも。ってなわけで、一足早く来年も良いお年を。と自分自身も含めて言っておきます。

| Time as you pass by | 22:34 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

忘れてはいけない

10年近くHPやらブログをやって、きてまともに書いたことがないのが今年の重大ニュース。なんか、やってみようかと思い出しながら並べてみることにする。

その前にひとつ、今に始まったことではないが、重要な出来事さえ過去のものにしてしまうマスコミの対応が目に余るようにみえて仕方がない。なかでも最近ではすっかりなくなってしまったのがあの耐震偽装事件。姉歯被告ついてのニュースが出ましたけど、ホント久しぶりって感じ。すっかり忘れ去られた問題と言う感じがしなくもない。けど、一般人にとって本質は何ひとつ伝わっていないような気がする。この問題ってすごく大切なことなのにね。崖っぷちの犬のニュースをだらだらと流すくらいなら、もっとこういったものを多く流して欲しいと思うのである。これは、シンドラー社エレベーター事故も同じような感じ。

ライブドア事件は今年初端から飛び込んできたびっくりニュースでした。もともとホリエのことが好きではなかったのでどうってことはないのだが、人の顔って本当に見事なまでに変わるものである。ロンゲの頃のオタク顔からバブリーなイケ面。で、今となってはすっかり犯罪者顔のホリエである。本当に悪者なのかは別として…。しかしこの時の手の平を返したようなマスコミの報道にはもっとびっくりだったけど、ま、この類はあとの村上F事件にも言えることなんだけど…。それよりこの時沖縄で関係者が割腹死した事件って結局どうなったんだろう?その後をしっかりとやった報道ってあったのか?って思っていたら、昨日心霊捜査番組で取り上げたれていた。もはや、これもこの類のものなのか…。

秋に飲酒による死亡事故多発。って大々的に報じられていたけどこれも今に始まったことではない。福岡の事故以前にも悲惨な事故は多発しているのである。なんであの時期にあれだけのニュースになったのかわからない。ま、駐車場を完備した郊外型の居酒屋チェーンに疑問を抱いていた俺としては、一計を案じたことには良いことだけど。そして、今年もまた幼い子供が殺された事件が本当に多かったねぇ。それも、第三者による殺害でなくに自分の親に殺されるという悲惨なもの。もちろん虐待もね。それにしても秋田で起こった二つの事件は内容も容疑者の名前も同じと言う、びっくりするような出来事ですごく印象に残ってる。あと、なによりも異常と思えるほどの問題になったいじめによる自殺はマスコミの力も手伝って悪循環になってしまったのが悲しすぎます。

自然災害も今年はやっぱりすごかった。強烈だったのは北海道と宮崎での竜巻。正直この時に日本でも頻繁に竜巻が起こっていることを知った。自然災害の恐ろしさはなす術がないというところなのか。

スポーツに関しても今年は本当にマスコミに踊らされたような感じ。冬季五輪に始まってサッカーにアジア大会。報道だけ見るといかにも金メダル候補ってな感じだけど蓋を開けてみればね…。これ以上がっかりさせるための報道はやめてもっと本質を報道しなきゃとおもうのである。ただし、ディープインパクトだけは別格だった。

さいごなんだけど、今年一番痛々しい流行は俺としてはやっぱりイナバウワーとハンカチ王子(青いハンカチ)でしたね。

| Time as you pass by | 21:14 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

不思議ノ国ニッポン

それにかかわる人たちにとっては大変だが、見事なくらい豹変してしまう。何のことかと言うと、この時期におけるショウウィンドウのディスプレイ。昨日、25日の昼間はまだまだクリスマスと思っていたら、仕事が終わって帰る頃にはすっかり“迎春”でした。この変わり身の早さには脱帽です。そんなわけで仕事も激しく忙しさが増した今日である。

しかし、今日は年に1度あるかないかの超機嫌の悪い日でありました。この暮れも押し迫って仕事も忙しい日なのに、こんなときほど何にも出来ない状態である。そんなわけで自分の効率も悪くなるばかりで、ホントだめだめな1日でした。ふー、明日はなんとか気持ちを切り替えてあと2日がんばらなきゃである。

| Time as you pass by | 20:05 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

マイベスト2006

そろそろ、今年の締めくくりにマイベストランキングでも。
てなわけでまずは映画から。

すでに何度か書いてはいるけど洋画にいたっては今年はこれと言った作品にめぐりあえず。逆に邦画がかなり良い出来だった感じがしますね。ちまたの興行収入もそういったところを如実に表しているらしく今年は邦画に軍配が上がりそうです。そんななか、しいて挙げるとすれば洋画は『ミュンヘン』で邦画は『寝ずの番』ってところか?次点で『プロデューサーズ』と『嫌われ松子の一生』なんだけど、似たり寄ったりって感じ。俺としては『フラガール』を見逃したのが今のところかなりの後悔である。

映画が駄目ならって言うのではないが、今年は本当にドラマの当たり年だった。結局最後まで見てしまった『巧妙が辻』に現在放送中の『芋たこなんきん』のNHK組。さらには久しぶりに昼ドラに夢中になった『吾輩は主婦である』など、テレビドラマを見限っていた俺を呼び戻した作品が本当に多い。なかでも『結婚できない男』と『のだめカンタービレ』は今年のベストドラマに推したい。どちらも最終回は本当に満足のいく終わり方だったし、すがすがしい気持ちになれた。

音楽も見事に両極端である。今年流行ったシングルって何がある?ってなくらい死んでますね。かろうじて、絢香とかボニピとかブレイクはしたけど多分残らないだろうね…。とは言ってもこの二人は好きで特にボニピは超おきになんだけど。で、このシングルに比べて豊作ぞろいなのがアルバムである。年明けのドリカムから始まって先月の中島みゆきまで、本当に充実したアルバムが出た年でした。ジャンルがすべて違うので甲乙はつけがたいんだけど3枚選ぶとすれば『Home』アンジェラ・アキ、『Destination』中森明菜、『ララバイSINGER』中島みゆきとしておきます。ってなわけで今年は見事に女性アーティストのみです。

そんなわけで来年はどんな感じになるのやら。

| Time as you pass by | 23:44 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。