| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

中島みゆきコンサートツアー2007

注意
かなりのネタバレです。今後コンサートに行く方で曲目とか知りたくない方は読まないでくださいね。


あらためまして、9月29日(土)の話しをば。

今回は可児市文化創造センターでの初日でしかも土曜日、さらに近所と言うこともありがんばってチケットをとりました。
その甲斐あってか座席はD列の左サイド。
これまで中島みゆきのコンサートと言えば大阪はフェス、名古屋はセンチュリーと大箱だったのでここのホールはかなり小さい。
強いて言うなら夜会の時のシアターコクーンのような感じ。
そんなわけで舞台とも相当近い。
過去2回の夜会では2列目4列目の真ん中というベストポジションはあったけど、通常のコンサートでは初めての間近席。みゆきさんの表情なんてばっちり見える距離である。
ま、俺の席は左側なのでお笑いトリオ(コーラス隊)の前でしたが。で、2ベルのあといよいよ始まりました。


ちょっとロックなイントロが流れてきて真っ赤なおべべを身にまとったみゆきさんが登場。
アレンジが変わっていて何の曲かわらかんかったけど、歌い出したとたん小さくガッツポーズ。
『御機嫌如何』からのスタート。
もう予想外の曲から始めた時点で、このコンサートの出来を予感したのは言うまでもない。
かなりロック色濃くなってました。
で、曲の終了後のご挨拶。ま、いつものごとく歌と喋りのギャップを自虐的に説明。
あと、来場者の年齢が上がったこともあり、「お手洗いは好きなときに」と促しつつ笑いを誘う。

次に流れてきたイントロにまたびっくり。
おそらく夜会以外で歌うのは初めての『1人で生まれて来たのだから』。
続いて『ララバイSINGER』から『あなたでなければ』ともうツボにはまりまくり。
このあとはまたもや終止お笑いトークで紅白の時のエピソードなんかも交えつつ『一期一会』と『EAST ASIA』で一旦退場。
それにしてもEAST~は夜会Vol.4~金環食~のときの振りを交えながらの歌唱でファンサービスも怠りはありません。
(後日談として、この振りはどうやらツアーの初めの数カ所のみでやめたらしい)

舞台は変わってなにやら中央に犬のぬいぐるみが…この時点で「あぁ、ここからお便りのコーナーだなと」気づく。
さっきの衣装とはうってかわって白シャツにパンツ+ベストと言ったラフなお姿。
ま、お便りの内容は省くとして、誰もが疑問に思ったことについて説明してくれる。
それは何かというと、“なぜ初日がこのへんぴな可児なのか?”ってことなんだけど、ゲネプロやらなんやらを入れると数日間おさえられるホールがここだったらしい。
そんなこんなでこのコーナーにあった曲はこれ。
で、流れてきた曲は最初『僕たちの将来』と思ったけどすぐに違うことに気づく。
『蕎麦屋』である。
マジですか?って思わずみゆきさんに目で訴えかけてしまいましたよ(笑)。
実は今日一番のサプライズがこの曲です。
『生きていてもいいですか』の中の1曲だけどまさか今日聴けるなんてね。
このあとまだまだコーナーは続き、『糸』『ララバイSINGER~アザミ嬢のララバイ』でしっとりしたコーナーは終了。
でもね、私気づきましたよ。
ララバイからアザミ嬢への繋ぎ部分。とっちらかっていましたね(笑)。
その時のみゆきさんの表情のなんと可愛らしかったこと(笑)。

でもって今回は企画コーナーはまだまだ続いて次は提供曲の発表。
TOKIOに提供した『宙船』のいきさつを説明したあと、デモテープを吹き込んだと言うコーラスの宮下文一氏がTOKIOバージョンにて歌い始める。
ま、これを聴くと長瀬君がいかに文さんの歌まねをしたのかがよくわかりましたがはっきり言ってコピーです。
って、今更ですがね(笑)。
2番からはみゆきさんバージョンと二人の掛け合いがあったりとなかなかよくできてます。
で、ハードな歌が終わったあとは静かに『昔から雨が降ってくる』で2度目の退場。

お色直しを終えたみゆきさん今度は真っ白なおべべで夢の話しになる。
どうも最近デジャヴを体験したらしいがこんな感じの話しであるが、夢の中でイントロが流れる、けど、みゆきさんには何の曲だかさっぱりわからないらしい。
だけど、スタッフや観客はみんな知っている曲、というろころで歌が始まる、みたいな。
で「それがこの曲」と流れてきた曲のイントロは俺にはわかりませんでした(笑)。
が、歌い始めの一節が、かの「ええ加減な奴じゃけ、ほっといてくれんさい」である。
なんと拓郎の『唇をかみしめて』じゃないか。拓郎とはちがって相当女々しく歌っておりましたが、てっきり今回は『永遠の嘘をついてくれ』をするもんだと思っていたのでこれも相当なサプライズでした。
続いて『ファイト』。
静まりかえった中での歌唱に酔いしれていると、歌い終わったあと拓郎の曲を歌った気分と言って爆笑を誘っていましたが、あながち間違いはないですね。
ファイトは嬬恋で拓郎が歌ってましたから。

ここで一息ついて『誕生』。
夜会でやってからというものイメージがつきすぎたらしく、コンサートでは歌えなかったらしい。
実際1992年以来俺もナマで聴きました。
でも、この辺までくると今回のコンサートは名曲ばかりだと気がつく。
実は事前に中島みゆきに歌って欲しい曲というアンケートがファンクラブであったんだけど、まさにそんな感じの選曲。
ま、みゆきさん曰くアンケートの結果がほぼ全曲にわたっていたらしく、選んでいる余裕はなかったらしいけど(笑)。

でコンサートも終盤にさしかかり、いよいよここから新譜の中から続けて2曲。
『ボディ・トーク』と『I Love You,答えてくれ』を披露。
もちろん発売前のアルバムの曲なんで知らない曲なんだけど、良い。
特に『I Love You, 答えてくれ』はマジで良いのだ。
歌詞なんてわからないんだけどちゃんと聞こえてくるその詩は、もう中島みゆきの詩であり、ものすごく野郎臭いのである。
もう、完全に涙目な俺です。それにしてもロックしているみゆきさん本当に格好イイです。

そして、今回のツアーのテーマを話してくれる。
誕生の「生まれてくれてWelcome」とI Love You,答えてくれの「同じ時代に生まれて嬉しい」このふたつが掛け合わさってみゆきさんから一言。
「同じ時代に生まれてくれてありがとう」と。
と同時にここで今回一番聴きたかった曲の『重き荷を負いて』イントロが…もう、この時点で涙がだーっとあふれる(笑)。このあと最後まで俺は泣きっぱなし。目が痛くてしようがない。
でもね、やっぱりちゃんと見なきゃね。
そして歌い終わったみゆきさんが一礼をして舞台から去る。
涙が乾ききらないまま拍手はそのままアンコールへと続く。

アンコールのイントロが始まる、またもや激しいイントロとともにみゆきさん再登場。
ギターを肩からさげて『本日、未熟者』を歌う。
この曲はあきらからにみゆきさんバージョンがイイ。
で、アンコール2曲目は今回は歌わないと思っていた『地上の星』。
ま、これは歌わなきゃ来ていた団塊の世代たちから大ブーイングかも(笑)。
ただ、アレンジがかなりロックになっていて俺は初めてこの曲を良いと思ったのである。
それにしても良くあの歌い方でずっと歌えるモンだと感心。
で、「あと一曲しか用意してません」と念押ししながら「またどこかで会いましょう」と『背広の下のロックンロール』で幕を閉じた。

と6時半から始まって終わったのが9時15分。
約2時間40分ほどで信じられないくらいの長いコンサートが終わりました。
しかもメドレーなんてなくて19曲をフルで歌ったというこの事実。
あらためて凄かった。
最近のみゆきさんは新譜からは数曲程度しか歌わないのに、今回はシングルを含めて11曲中6曲も歌ったのには驚いた。その6曲を聴く限り、昨年の『ララバイSINGER』を超えそうな感じである。
あと、今回のコンサートで良かったのは工藤静香への提供曲が1曲もなかったこと。
実はこれって俺の中ではかなり重要なのである。
夜会ではなくコンサートで感動した。
さ、この感動はつぎの大阪に持って行きますぞ。

セットリスト
01 御機嫌如何
02 1人で生まれて来たのだから
03 あなたでなければ
04 一期一会
05 EAST ASIA
06 蕎麦屋
07 糸
08 ララバイSINGER~アザミ嬢のララバイ~
09 宙船(そらふね)
10 昔から雨が降ってくる
11 唇をかみしめて
12 ファイト
13 誕生
14 ボディトーク
15 I Love You,答えてくれ
16 重き荷を負いて
17 本日、未熟者
18 地上の星
19 背広の下のロックンロール
スポンサーサイト

| Play & Music & Books | 22:01 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

初日の楽しみ方

本日、行ってまいりました。たぶん、この先にもう1度あるかないかの中島みゆきのコンサート初日公演。今回、初ナマみゆきとなるツレさんと連れだって可児まで。車で行けるご近所さんと言うこともあり当然ながらチケットは確保しておりました。コンサートの中でも話題になっておりましたが、なにゆえ初日がこのへんぴ?な可児だったのか。もちろんそれなりに理由は語っておられましたがやっぱり不思議。でもって、新アルバム発売直前のこのハンデ。ま、これは考え方たによっては“人より先に曲を聴ける”という特典でもあるわけですが…。

それにしても年齢層が高い。いやー、夜会の時も高いと思ったけど今日はそれ以上に高かった(笑)。これまでもコンサートでは大阪、名古屋と行ってはいるけどここまで高いことはなかった。見渡す限り20代はいないし10代なんてもってのほか。ってな感じ。明らかにPX世代のコンサートである。40で20年以上ファン歴の俺でさえひよっこな感じ。それだけに曲はわかりやすく、ここ何回かのコンサートの中では1番よかったと思うのである。言い換えれば初心者でも感動できるってことね。

でもって、初日ならではの楽しみはやっぱりどんな曲を歌うのかわからないこと。俺としてはオープニングからサプライズ曲で始まりラストまでの19曲(実質20曲)と言う長丁場は本当に大満足な一夜でした。本当は、コンサートの模様をもっと描きたいと思うんだけど、あと30数本も残っているためネタバレは控えておきます。ってすでにネットでは出ているけど(笑)。いずれ詳しく書こうかなと思います。

| Time as you pass by | 23:13 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

蕎麦とかも鍋と温泉

今日は朝早くからツレさんとドライブ。その前に薬局で薬を購入。今日のお目当ては根羽の蕎麦と温泉。昼前には着いたけど相変わらず旨い。わざわざ時間をかけてまで食べに行く価値はアリ。で、近くの平谷の温泉は3連休最終日と言うこともあり予想通りの混雑ぶり。とりあえず風呂に入って、座敷で3時間ほど寝て過ごす。で、実はもうひとつ予定外に決めていた行き先があったのである。

平谷から車で20分ほどの所にある売木村。そこでかも鍋を食べられる店があるというのでちょっと早い晩飯に行く。それにしても凄い店だった。ってなにが?ってその“店構え”がである。想像していたちょっとした料理屋とはほど遠くほとんどあばら屋である。が、店のばぁさんと娘さん(と思われる)2人で切り盛りしてると思うんだけど、かも鍋の味はホントよかった。それに、出てくる野菜も全て自家製らしくとても美味しかったしね。女性が行くのはちょっと躊躇するかもしれないけど、とても親父が好む店である。現に俺たちを含めてこの店にいた4組の客は全て“オヤジ”でしたから(笑)。

で、食事のあとは売木温泉に立ち寄ってこの日は終了。次は長浜の鴨を食さねば…。

| Time as you pass by | 23:53 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

楽しい時間

世間で言う3連休は。日月のみの休みの俺。そんな俺の週末の行動を…

金曜日の夜、仕事から帰ってきて金スマをみる。でもって、ギャル曽根の胃袋に驚愕しながらも感動してしまった俺である。

土曜日、この日のメインは東京から琵琶湖に行く途中に立ち寄ってくれた友人との食事会。ほぼ1年ぶりに会うも楽しいひととき。近所にある浪花という割烹での食事だったけど、噂通りに旨くてよかった。今度は是非とも、この友人の同級生がやっているきん星という店に行ってみたいものである。

日曜日は、朝早くに友人を見送ったあと洗濯やらの用事をすませる。で、ここにきてずーっとほったらかしだったドラクエ8を再開させる。結局、休み休みにプレイしながらもこのあと深夜2時までやり続けてしまった俺。明日は久しぶりに蕎麦を食いに行きます。

| Time as you pass by | 23:50 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

こんな感じでした。

そろそろ、朝ドラを残してほとんど最終回を迎えた夏ドラマについて。

完走したのは前にも書いた『牛に願いを』で間違いないんだけど、面白かったのは『花盛りの君たちへ』と『山おんな壁おんな』で、まぁこの2作品はよく笑わせてもらいました。今年の特に花盛りは近年まれに見るバカっぷりがよかった。部分的に“のだめ”に通じるものもあってこの夏一番の視聴率は納得。それにしても最近は東北ブームなのか?映画だと『スウィングガールズ』から始まって『あおいうた』『フラガール』。で、ドラマは『どんど晴れ』に『山おんな壁おんな』。ここまで東北弁を聴いているとなんかいいなぁって思ってしまった俺である。それにしても『どんど晴れ』はなんだかんだとほぼ見ています。クライマックスは『ハゲタカ』テイストでバタバタしてるけど、それにしてもやっぱりこのドラマはベテランが巧かった。ラスト1週見逃さずに見ますよ。あ、そう言えば、四国もブームなのかも。

ってなわけで秋ドラマの期待ナンバー1はその四国は土佐が舞台の『歌姫』である。この金曜ドラマは今はジャニーズ枠って言うのがちょっと気に入らないけど、なによりも作品の期待度と出演者の期待度が一番。あとは『スワンの馬鹿』『ガリレオ』『有閑倶楽部』あたりが今のところ食指が動いてます。もちろん朝ドラの『ちりとてちん』もはずしませんが。

さて、9月もあとわずか。がんばらなきゃね

| TV | 20:17 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT