| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

ようは、持ち方ひとつです。

えー、なんでも明日からまたガソリン代が上がるらしいですなぁ。おまけに灯油代も18Lが1800円近くになるらしい。今年の冬は寒ぅなるらしいし…。大阪におった頃は車を持っていてもさほど利用することもなかったし、暖房もガスヒーターを使ってたので灯油代なんてまったくもって考えたこともなかったんやけど、どちらも今の暮らしには欠かせない燃料になってます。ほんま近頃の値上げは庶民にとっては痛い話しです。12月はボーナスもでて嬉しいはずの月なんですけど、40になってしもて、なんちゃら保健っていうんも天引きされるんで、ほんまこっちのほうも寒ぅなりそうです。

今朝の『ちりとてちん』でも描かれてましたけど、“お箸の使い方”今でこそ俺もちゃんとした使い方をしてると自負してるんですけど、ほんの数年前までは“なってません”でした。その頃までは他人になんと言われても箸の使い方なんて「どうでもエエわ」って思とったんやけど、ある時レストランでお箸でご飯を食べてる家族に遭遇しまして、何気なくみとったんやけどこれが見事なくらい全員“変”なんですよ。それこそ、孫からばあさんまで。それ見たときに「みっともない」思いまして。あともう一つはこの年になると、和食が大好きになったのとちょっとした料亭とかに行ったとき、所作がきたないとみっともないんで(笑)。自分の箸の使い方も「これではあかん」と。そっからですね、正しくしようとしたのは。

ただ、それからが大変でしたわ。お箸の持ち方ってほとんど癖のうちなんで、なかなか思うようになりませんで苦労しましたね。ちょっとでも気を抜くと以前の持ち方になったりして。なかでも焼き魚をたべるのがいちばんむつかしかったですね。なんと言うても下手な箸の使い方やと魚を上手にほぐされへん、というのが痛いほどわかりました。まぁそれも今ではなんとかさまになってますけど。思えば二十歳過ぎのころに、外国の方といっしょに和食を食べに行ったとき、箸の使い方をよう教えんかったんですよね。今やったらちゃんと教えることできるんやけど。

でもね、箸の使い方ひとつ出来ひんようになるんはしゃぁないなと思うんですよ。うちもそうやったんですけど、小さい頃から両親が働いていてご飯食べるんも子供だけとかっていうのが多々ありました。ようは箸の使い方を教えてくれる人がその時にはおらんかったんですよね。当然、核家族やったし。それにしても食事の仕方ひとつでその人の家の躾の仕方がようわかりますね。ただ、街でもエエ年したオッサンとかオバハンが肘付いてご飯食べてるのをみると嘆かわしいですね。
スポンサーサイト

| TV | 19:08 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

母上様

20071130192652

よもやあなた様から誕生日のお祝いの言葉をいただけるとは思っておりませんでした。
大変嬉しく思いますが………

お願いですからこんな画像送ってこんといて~。
神の手だかなんだか知らんけど…。
こんなんもらっても幸せになれません。
年末にお会いしましょう。
では。

| Mobile side | 19:26 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

VIVA四十路

まだまだ修行が足りません。俺。と、この一言に尽きます。やっぱり人は生きている限りずっと修行中やと思います。けどそのなかで、脱線したり元に戻ったり、色んなこと繰り返してます。自分が情けないと思ったこともなんべんもあります。人をうらやむことなんてしょっちゅうです。ちょっとしたことでむかついたりもします。自分で言うのもなんやけどごく普通の人間やと思ってます。そやからこそ、『ちりとてちん』みてはまってんねやろね。ま、それでも人間どこかしらで転機というもんをむかえるもんやと思ってます。気づくか気づかんかは別やけど。でも、まだまだ修行が足りません。俺。

そんなわけで今日の『ちりとてちん』

いやはや実に心にしみるドラマです。『芋たこなんきん』も心にしみたけど、もうホンマにたまりませんねぇこのドラマ。

思うに、草々もまた喜代美とおんなじで相当不器用な子やねんね。
師匠んとに長いこといるから要領を得た動きはできるけど、こと外の世界(他人)を観る目となると、一般社会に出てる草原や四草にくらべるとまだまだ経験は浅い分喜代美と同じですね。他人のことを見られないし、気遣いが出来ない。 喜代美の切れるシーンはそんなことをよく表現されてると思いましたね。でも、寝床を出る前にちゃんと謝るところなんて喜代美も、ちゃんと成長してはりますよ。もちろん、草々もちゃんと成長しますけどね。

冷え切った心の喜代美にお茶を出す師匠。その昔、仕事をミスった時、無言で缶コーヒーをくれた上司を思い出した。今はその逆もあったりする訳やねんけど。年とともに忘れ去っている何かを、キュンとする胸の痛みとともに思い出させてくれますわ。
“冷え切った心”少なからず俺にも経験あります。けど、すくわれたときのあのキモチの大切さはちゃんと憶えとかんとあきませんね。と40になった日に思いしった俺であります。それにしてもヒロインの成長だけでなく各キャラの成長もしっかりと描いているなぁと、つくづく思える週です。

“いもたこ”の言葉を借りて言うならば「ねばならぬは野暮」(これ名言ですわ)ってなもんで、成長せなあかんと思うよりも、人は成長していってるもんやないかなぁ、と思うそんな俺でもちょっとずつ成長してるかなぁ…。

| Time as you pass by | 20:51 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

10年ぶりに。

10年の重みはどこにあるのやら。

本日、パスポートを申請にいってきました。と言っても、仕事なんでツレさんに頼んで代理申請なんですけど、ほぼ10年ぶりの申請。で、その前に写真やらを撮ってきて、今回のパスポート用と旧の写真を見比べると、予想以上に偉いことになっとりました(笑)。

一昨年の運転免許の切り替えのときは5年でありながら、たいした変わりようだと思ったけどこれはそれ以上に変わってますなぁ。改めて見ると「ワシ、10年前はこないに痩せとったか?」と思うくらい顔がすっきり。でも実際は今の体重と数キロしか変わっとらんはずやねんけどなぁ。誰がどう見たって激太りしたかのように、明らかに顔がまん丸になってますわ。

人の年輪というもんは、体重の増減ではおしはかれませなぁ。自分の顔をみてつくづく思った次第です。
にしても、10年後にどんな顔になるのか。と言うのも数少ない楽しみのひとつかも。

| Time as you pass by | 20:45 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

まだまだ…です。

4連休も終わり、いよいよ四十路の戸口に立つワシ。

連休は予定通り、南木曽まで蕎麦を打ちにいってきました。前回、体験したのは春先のことで、はやいものであれからもう半年以上になります。それにしてもさすがに秋の連休ですなぁ。この日は強い寒気ながらも良い天気でして、空は真っ青に晴れわたり、遠くに見える中央アルプスも雪化粧がくっきりとして見えていました。そんな景色を見ることができると冷たい風は苦にならずってなもんです。

で、その蕎麦打ち体験ですが、前回は平日のがらがらなときとはうってかわって、体験客も大勢いて道場は大にぎわいでした。今回も蕎麦打ちは本格コースでそば粉を練るところから始めたんですけど、2回目ということである程度要領を得ていたせいか他の体験者よりもさっさと出来てしまいました。教える先生も、他の方の生地をさわったりして、「もうちょっと練って」とか「もっと伸ばして」とか…って、俺にはそんなこと全くありませんでした。良いのか悪いのか自分ではまだまだわからんだけに、ちょっと不安にもなりましたけど、たぶん先生には目でわかるんでしょうね。

ただ、あいかわらず蕎麦を切るのは一苦労です。こればっかりは何度も何度もやらんとあかんのでしょうね。太かったり細かったり…。まだまだです。それにしても、今回は新蕎麦を使ったので打ち始めから蕎麦の良い香りがして、頭の中は「はよ食べたい!」とずっといってました(笑)。また、打ちに行きましょ。

そうそう、お約束ですが今回も温泉は堪能。月川(げっせん)温泉と言うところで、泉質はひるがみとかと同じでメチャ良い感じでした。

| Time as you pass by | 20:28 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT