| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

8月31日(日) 晴れ

1週間降り続いた雨もようやく上がった8月最後の日。
この日は朝からバタバタと用事をすませて夏の終わりを楽しむのである。

かるく車を走らせ、電車に乗って平日とは違う街へと出かける。
夏が戻ったこの日は、そこそこに蒸し暑く電車の冷房がほどよく心地がよい。
しかしなぜだろう?
平日とは違って、まるで喧噪のない車内は僕にとってこの上ない揺りかごと化してしまっていた。
とは言え、そこそこの人が電車に乗り込んでいたはずなのに、まったく気にならなくなっていたのである。

そんな車中いつしか私はすっかり眠っていた。
そして、“ガタン”という電車の揺れに目を覚ました。
電車はまだ目的地まではあり、車窓からは田園風景が流れている。
そして、その田園の向こうに繋がっている空をみた。
それはずっと僕が望んでいた青い空だ。
やがて、「夏も終わりか」と心に思う。

たしかに。
吸い込まれそうになるほど空は高く、雲は鱗模様になっている。
季節はうつろいゆくものなのである。
秋はもうすぐである。
スポンサーサイト

| Time as you pass by | 23:13 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

北京奥運会閉幕

あっという間の2週間でした。
始まったときは夏真っ盛り、だったのが今やすっかり初秋と言った感じ。
ま、このオリンピックについては多々言いたいこと、書きたいことはあるけどひとまず無事に終了してよかったです。

で、その言いたいことについてはまたいつか、感想をアップするかもです。

| Time as you pass by | 23:58 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

それぞれの年のとりかた


セックスアンドザシティ
SEX AND THE CITY

ドラマが大好きで、この日をどんなに待ち望んでいたか。
実は、今年一番首をなが~くして待っていた映画がこれです。
そんなわけで、思いっきり期待をして劇場に行きましたよ。
事前に、WOWOWでこれまでのTVシリーズを一気に放映したりしてくれていたので、まったく違和感なくTVシリーズから映画に入っていくことが出来ました。
それにしても、いつもの映画館なんだけど予想通り女性同士とカップルばっかり…男一人で来ていたのはワシ一人、と思っていたらもう一人いました(笑)。

この映画に関してはあんまりストーリーとか言っても、TVシリーズを知らなきゃまったくついてこれません。
なので、内容についてあれこれ書こうとは思わないんやけど、簡単に言えば30代の頃にNYで遊びまくっていた女性たちの後日談と言った感じかな。

そんなわけでTVの最終話から4年後のエピソード、ということで4人の女性たちはそれぞれ歳をとっていました(笑)。
もちろん、実年齢の彼女たちもそれ相応に歳をとっているわけで、その辺のところをさらりと組み込んだところはかなり好感度アップ。
話題のボトックスとかでてきて一人で大笑いしてました。
あと、キャリー(サラ・ジェシカ・パーカー(主演))の化け物のようなスッピンに怖いと思いながらも実は感心していましたよ。キャラそれぞれにきっちりと加齢させていましたね。
ラストのサマンサ(キム・キャトラル)の誕生日のシーンをみて、つくづくワシ自身も歳をとっていることを痛感しましたよ。

ただ、映画としては非常に物足りない部分もたくさんあったりします。
TVに比べて短い時間でそれなりの経過を出さないといけないのでどうしても、不完全になりがちなのである。
これはTVの第6シーズンの最終回あたりもそうだったんやけど、とにかくそれぞれのエピソードがかなり浅くなってしまっているのである。
あえてそうしたのかもしれないんやけど、シリアスなエピソードが多かった分もったいなかったです。
ま、それも仕方がないと割り切って観ていましたが、できればじっくり作りこんで欲しかったかなと思います。
2時間半という時間があってもやっぱり足りないですね。

とは言え、やっぱりおもろかったですよ。
NYにも行きたくなるし、脚本もできるかぎり作り込んだんじゃないかなと思います。
伏線の回収の仕方がかなり気持ちよかったしね。
最終的にはワシとしては満足のできる映画でした。

あと、ジェニファー・ハドソンの歌もかなり好き。
サントラを買うかどうか迷ってます。
ローリン・ヒルばりに歌巧いんだもん。

| Movie | 10:54 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

早い秋



お盆休みが終わった途端、一気に夏の終わりが来たようです。

昼間の蝉もこころなしか静かになり、そのぶん、河原からきこえてくる虫の声がやかましいながらも心地よい。
ワシにしてみればようやく、不快な季節が終わって嬉しくもありって感じです。
とはいっても、また暑くなるのはわかりきっているつもりです(笑)。

で、明日は東京への日帰り出張。
せっかくの週末なので、お泊まりして久しぶりに東京で遊んでこようかと思ったけど、週末公開の映画が観たいので帰ってきます。

それにしても今日はキモチのいい一日である。

夏ゆけば 金をまくらに 心の端
いつかは笑みし 清き人の世




| Time as you pass by | 15:57 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

2008 夏 締

20080821153016.jpg

短い帰省も終わってこれから多治見に帰ってきました。
とその前に大阪で一人、ピックアップです。

それにしても、和歌山の空は青かったなぁ…。
天気もずっとよくて(朝方に一度降ったが…)、帰省日和?
映画も観たし、なにより家族の元気な顔を見れたことが一番です。
年に数回のお墓参りも今となってはワシの中では自然なことになりました。
次は、年末年始ということになるかな。

ところで、今回実家への土産に買って帰った泉州の水茄子。
これ、まっこと旨かった!
もはや、野菜と言うより果物といった甘さ。
と言うわけで、多治見への帰り道にツレへのお土産にまた買ってしまいました。
写真を撮っておけばよかった…。

あとは、去年の夏に初めて食べたバンレンシャ(バレンシヤではない)が気に入ったのでこれもお土産にして、とにかく食べ物にははずれがない。

茄子食えば夜に近づく草枕
旅のつかれも水に流れん

| Time as you pass by | 23:40 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT