| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

アカデミー賞

週明けの東京出張は泊まりとあって、キモチは楽だったはずなんだけど、先週からの行事を引きずったままでかなり疲れました。

でもって、ここのところ話題は『おくりびと』一色ですね。ま、オスカー獲得は喜ばしいことだし、素直にこの映画を観てみたいと思いましたもん。

だけど、なによりも今年のアカデミー賞自体がかなり良かったですね。世界不況の最中、どういった演出をするのかたのしみだったんですけど、予想以上の出来映え。なんと言っても、一番のサプライズはステージと客席がめちゃくちゃ近かったことかな。そう言った舞台設定もあって、オープニングのヒュー・ジャックマンとアン・ハサウェイのやりとりも可能になったわけで。それから何回かあったミュージカルパートはあれだけで、ひとつのショーとしてなりなっていて観ていて本当に楽しかったなぁ。シャーリー・マクレーンがアンに向かって言った言葉は、ワシもそう思いますね(これからも歌ってね、みたいな…)。

各男女優賞の発表も見ていて身震いするほどでしたね。過去の受賞者5人がステージ上に一同に会してひとりひとりがノミネートされてい俳優を紹介する。で、そのコメントがまた素敵なんですよね。そして発表後にステージ上には6人のオスカー受賞者が集まる訳なんですけど、これがもうハリウッドの底力を見せられた感じでした。ソフィア・ローレンがメリル・ストリープを紹介するところなんて、素直にスゲーって思っていましたよ。あと、デ・ニーロがション・ペンを。で、アンソニー・ホプキンスがブラピを。ってな具合でもうみるだけで目がほほえんでしまう映像でした。
スポンサーサイト

| Time as you pass by | 23:57 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

それぞれの表情

1.jpg

昨日の体調不良を引きずったまま、温泉旅行を強行してきました。

前日は念のために、風呂にはいるのもやめて氷枕を準備して早々と就寝。ところが、またまた深夜になにやら首の当たりが冷たい。何のことはない、以前つかったきり(4年ほど前)の氷枕がゴム劣化をおこして裂けていたのである。熱を下げるための道具なのに、これでさらに熱があがったら本末転倒。と、笑えない先オチはおいといて、旅行の前に住宅ローンやらその他諸々の、個人的な確定申告をしてきました。なんやかやと時間がかかってしまい出発がかなり押してしまって、当初予定だった沼津でのランチは最終日に変更になったりしましたが結果的にこれが良かったのかも。

5.jpg

今回の旅は大きく言えば“富士山を観る”旅となり、それと伊豆では河津さくらや梅の花、菜の花が満開で、一足お先に春を満喫できる旅になりました。

4.jpg

今回も車なのでとりあえず体調が心配だったんですが、最終日には回復しまして、楽しかった旅の想い出がまたひとつ追加です。

それにしても、我ながら宿選びが上手やなと思います。もちろん、高い値段をだせば間違いのない宿はたくさんあるけど、安くてもそんなところに負けないところがまだまだありました。今回の二軒の宿もそんなところです。伊豆と箱根。全く違う表情を見せる温泉で、それぞれの良さを堪能してきましたよ。

網代では平鶴という料理宿をチョイス。なんと言ってもアワビの踊り焼きを食べることができて、もちろんそのほかの魚介類は新鮮そのもので久しぶりに“これぞ海辺の宿”を堪能。ちなみに朝夕の食事に陸の肉はひとつもありませんでしたね。で、温泉はしょっぱい味のするとっても柔らかいお湯。露天風呂は海の上にあってなかなかの風情でした。なんと言っても、熱くもぬるくもなく本当に好い温度でこれがワシ的にはベストでした。それに、潮の香りを感じながらお湯につかるっていうのは、なんとも言えません。

強羅は桐谷箱根荘という宿。これが思った以上に隠れ家的でよかった。通された部屋からまったく外の音もきこえず、窓を開けるとかすかに鳶の鳴き声が聞こえてくるだけ。ここならば小説でも書けるんではなかろうかと思ったり(笑)。なんと言っても保養に来る、と言う意味ではここはぴったりでしたね。温泉は白い濁り湯でこれも気分を盛り上げてくれます。超酸性の泉質なのでワシとしては入浴後のケアは必須ですけど、体の火照りはしばらく続いていましたよ。もちろん料理も満足です。

2.jpg

今回の旅でも案の定、大雨になりました。恐ろしいくらい天気予報があたって二日目の朝から雨。だったので、仙石原の美術館にいって時間を潰すことに。その前に、東京の仕事関係の知人から仙石原での穴場のランチスポットを教えてもらっていたので行ってきましたが、やはり仕事といえども繋がりは大切にするもので良いところを教えてもらえました。本当に感謝ですね。ただ、雨が降ったのはこの時だけであとはとても天気に恵まれていました。最近はどちらかというと晴れ男なワシなのです(笑)。ま、偶然なんですけど行く先々で富士山は観られるし最高でしたね。初日の美保の松原、二日目の大湧谷、三日目の沼津そして千本松原からの富士山はどれも表情が違っていて飽きませんね。帰りの高速道路でドアミラーに映る赤い富士山は目の中だけに焼き付いています。

6.jpg

さ、次の旅は春の京都の予定。
ま、その前に仕事は多忙を極めるワシですが。

| Travel & Gourmet | 22:18 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

出張1

東京への出張でした。
なんですが、前日の深夜にあまりの寒さに目を覚ます。
が、これが突然の発熱…でした。

ベッドから出るのもイヤなくらい寒気がひどかったので熱は測らずにそのままにしていると、なんとか治まって朝まで寝ることができたものの、起きたときやっぱりちょっとけだるい。とりあえず、熱を測るとジャスト37℃で微熱…なんですけど、とりあえず解熱剤を飲んで東京に出発。
したのはいいけど、解熱剤が効いてきたせいでちょっと動くと汗が噴き出てきて逆に体に悪いような気がしなくもない。

ところがこんな体調の時に限って、今回の出張はかなりのハードスケジュールを組んでいて終わった頃には本当にぐったり。

明日から、3連休をとっての温泉旅行なのに行けるのさえ不安なワシである。

ちなみに、来週の月曜に東京である。

| Time as you pass by | 23:05 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ポケットの中の思い出

20090211205646
久しぶりに着た上着のポケットに入っていたものは、7年前の映画の半券。

お金なら大喜びなんだけど、こんなものでも嬉しかったりする。

そして思い出だけを残して7年の時を経てゴミ箱へ。

| Mobile side | 20:56 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

マクドはマクド

あのですね、マクドってそんなに美味しいですか?
と、唐突に聞いてみたり。

ワシ的にはですね、朝マックのマフィン系が一番美味しいと思うんですよ。かといって、3日も同じもモノを食べようとは思わないんですが。
たしかに、最近では新製品も連発してどれもヒットなんですけど、興味をもって食べてみるとこれがやっぱり首をひねるような味なんですね。先日食べたイタリアンチキンもそうだし、朝のラップものもイマイチ。そんなわけでワシにとっては世間の評判以上に口に合わないのがマクドなんですね。おそらく何故か話題のクウォーターパウンダーもきっと美味しくないはず。ま、昨今のファストフードメニューでこれ!って言うのは本当にないんですけど。

そんなマクドの商品の代弁を勝手にしてこんな歌詞をあててしまいました。
もちろん原曲は『かもめはかもめ』。
少しでももっと美味しいメニューができますようにとの願いを込めて。




あきらめました違った味は
もうなんにもいらない
よその味に憧れてみても
うらやむだけアホらしい
マクドはマクド
ケンタやモスやましてや絶品になれない
お客の望むメチャ旨いバーガーに
初めからなれない
ゴミ箱に食べかけのまま
捨てられるのイヤだけど
マクドはマクドしょせんはみんな、同じ味だから…

| Time as you pass by | 12:12 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT