| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

なんちゃってボロネーゼ

ワシの最近のお気に入りレシピ。
と言えば、相も変わらずパスタソースでございます。ほほ。

とは言っても、わりかし手の込んでいそうで、まったくお手軽なパスタソース。

これを読めば誰でも“それ相応に満足できる”ソースが作れます。
いや、作れると思います。

ひとつはクリームソース、なんだけどこれは最近封印しているので今回は説明なし。
いずれ、またね(正直いって旨いんだけど)。

んじゃ、いったい何よってな話しは無視して、“ミートソース”、もっとそれなりに言えば“ボロネーゼ”です。
もちろん、ワシが作るので手間も暇もかけません(笑)。
10分あれば満足出来る仕上がりです(ワシ的には)。

ざっと材料を。

スパゲティ(太さも量もお好みで、ワシとしては太いほうが好み)
塩(食塩はダメよ、最低でも普通の天然塩)
コショウ(粗挽きに限ります)
乾燥バジル(これは必須)
鶏挽肉(好みでモモだったり胸肉だったりを食べられるだけを用意)
絹ごし豆腐半丁(これが良い仕事します)
チーズ(普通のスライスでも粉チーズでも)
トマト(ワシはお手軽なので100%ジュースにします)
あと、ワシは使わないけど赤ワインを使えばもっと本格的になると思います。
これは試していないのでわかりませんが(笑)。

それにしてもこうやって材料を書き出すと、わりと本格っぽくなるわ(笑)
安上がりなんだけど。

さ、ここから超速レシピ。

1.鍋にたっぷりの湯を沸かしながらフライパンでオリーブ油とニンニクを暖めて(焦がさないように)から挽肉を炒める。

2.挽肉に火が通る頃に、豆腐半丁を握りつぶし入れて更に炒める。

3.ちょうどこの頃に湯が沸騰するのでスパゲティをゆで始める(ワシは8分)。

4.続いてフライパンにトマトジュースを適宜流し入れ、塩とコショウで味を調える。ポイントは塩を入れすぎないこと。

5.鍋をかき回しつつ、フライパンの方は水分を飛ばすように中火で煮詰めて行く。このときに味が薄いようであれば、塩コショウで調整。さらに、粉チーズを適宜入れて味にコクを出す。最後に好みの量のバジルで香りよく。

6.そうこうしているうちに、フライパンは水分が飛びほどよいミートソースができあがるので、あとはスパゲティがゆであがるのを待つだけ。

7.でもって、スパゲティをさっと湯切りして、熱々の上にソースをかけてできあがり。あとは好みでたっぷりの粉チーズを追加してもよし。お試しあれ。

Bon appétit

そんなわけで、ワシの場合作り始めてから10分後には食べ始めることができます。
スポンサーサイト

| Travel & Gourmet | 18:38 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ベランダにて。

夏になると時々やるのが“ベランダBBQ”。

なんて事はない、単にベランダにテーブル椅子をセッティングしてホットプレートの上で肉を焼くだけ。
ようは、部屋で焼き肉をしたくないので外でやるのだが。

しかし、昨日は大雨&雷&極度の湿度で、いったいここはどこの国よ、な状態。
結局、部屋から出たのが、夕方になってツレと一緒に晩飯を食いに行くときだけ。
その前に一週間ぶんの食材を買いにスーパーに寄ったら、精肉コーナーをみるとほとんどの肉が半額シール。
中には、飛騨牛なんてのも破格の値段になっていたり。
それを見た瞬間にワシのなかで「これ食いたい!」欲が沸き上がってきまして、そもそも先週の焼き肉の食い放題が、あまりにもまずかったのでとても良く見えたの。
なので、外食はやめてベランダで焼き肉にすることをツレに提案。
これにツレも軽く了承して、とっとと食材を買い込んで部屋に戻る。

なわけで、さっそく初めに書いたようにセッティングをする。
ま、今回はツレもいるので照明と扇風機も用意して(一人焼き肉の時はこんなことはしない)あとは肉を焼くだけ。
それにしても、夜になっても湿度は強烈で用意するだけで汗だくに。
かつてキャンプに行きまくっていたことを思い出してしまいます。
こんな暑さの中ではやっぱりキンキンに冷えた炭酸飲料が旨い!
ゴクゴクっと喉を鳴らしてほどよい苦みが胃に染み渡ったら、さぁ、あとは肉を焼いて焼いて焼いて食う。
それにしても、旨い肉は醤油とわさびだけで十分。
最後は焼きそばで締めて、ベランダBBQ終了。
安上がりな上に満足度が高いのがこれの良いところ。
特に昨日は湿度が異常に高かったので炭酸酒も旨かった(笑)。

またやろ。

ただし、ベランダBBQはお隣さんがいないときか、窓が開いていないかを確認してからですね。

| Time as you pass by | 12:37 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

腑抜けてなんかいられない

6月ももうちょっとで終わりなんですが、とかくイベントの多かった今月。
その楽しさの反動からか間違いなく腑抜けているワシであります。

夏もまだまだ来ないというのに、まるで、もう夏終わりそうな勢いの寂しさに、仕事をしていてもふと記憶がとんでしまう時間がちらほらと。

とまぁ、そんな冗談はさておき、気持ちがアガりきらないのは確かなこと。
とは言え、ただいま仕事の忙しさがピークを迎えていて、腑抜けてはいられない状態です。
来月の旅行までにはキチンと仕事をすませて気持ちよく休暇を楽しみたいもんであります。

そんな中でも、やっぱり新しい車に乗るのは楽しくて月曜日に山をひとつ越えたところにある小さな集落にホタル狩りに行ってまいりました。
ホタル狩り自体は毎年のようにどこかに行っておりますが、今年も先週末に行ったばかり。
なのに、天気が好かったのを良いことに新車を駆りたいのを理由にして別の場所に行ってきました。

実はこの場所も今回で三度目。
知る人ぞ知る、と言ったひっそりとした穴場なんだけど、これまでは時期が悪かったのか、ホタル狩りと言うにはほど遠い、ホタル狩りだったのが今年は別格でした。
辰野のホタルにはとうてい及ばないにしても、これまでになくホタルが舞っていてそれを観ているだけで、体にまとわりつく湿気も忘れてしまうほど。
それにしても、近場にホタルスポットが沢山あることにあらためて気づいた今年です。

考えてみたら、夏なんてあっという間に終わってしまうので、この時期(梅雨)も含めて夏の風情を楽しまなきゃ、と常々そう思っているワシなのであります。

| Time as you pass by | 17:30 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

青い車


これからきっと長い付き合いになる。
ボクはどこに行くのだろう?

| Mobile side | 23:45 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

奇跡的に晴れた

昨日の大雨から今日を憂いていたのだけど、空を見上げると雲間から日が差していた。
今の内にと思いマンションの扉を開けると、ちょっと強すぎると思うほどの湿気が体にまとわりつく。
「暑いな」
思わずそうつぶやきながら、エレベーターの昇降ボタンを押す。

と言うわけで、本字地は予定より1ヶ月はやいCR-Zの納車となりました。
先代の愛車から2年。
まだまだ、新車の香りがプンプンしていたストリーム(走行距離約9100km)と、まさかの早いお別れになりました。
それもこれも、CR-Zに一目惚れしてしまったおかげです。
発注から約3ヶ月、待ち焦がれる日々が続き時間をみつけては試乗を繰り返してしまうほどでした。
そんなCR-Zがようやく我が手元に来た。
ついに来た。
やっと来た。
いやー、これはもう、これまでに買ったどの車よりも愛おしさ溢れる車である。
色はターコイズホライズン(という青系の色)、これまでこの色の実車はみたことがなかったんだけど、予想通りというか、予想以上にオレが期待していた色に感激である。
最初から思っていたんだけど、この色は夕日に映える色だと思うのである。
ターコイズと言うことでややグリーンがかっているせいもあるんだけど、かなり落ち着いた色であります。
ホントは、写真を撮っておきたかったんだけどもって天気の良いときまでお預けです。

本当は今日にでもいろんなところにドライブがてら試運転でもしたかったんだけど、夕方から雨の予報だったので(現に雷を伴って大雨でした)、ナビのボイス機能の登録をちょろっとだけ済ませて、早々とガレージに格納。

ひとまずは、うれしさと喜びをここに。

| Column | 18:48 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT