| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

こどもの力

朝晩はですねぇ、なんだかんだと良いながらも秋が近づいてきてると思います。
その証拠に、エアコンが切れた状態でも起きることなく目覚ましが鳴るまで寝ることができていますから。

しかしまぁ昼間はそんなことまったくなく、相も変わらず真夏な感じ。
ま、少々風が吹けば秋っぽさを感じなくもないんですけど、朝の通勤で多治見から名古屋に着くと、やっぱり街の違いがよくわかります。
正直言って、名古屋のほうが暑い。
と言うよりも、蒸し暑い。
そんな蒸し暑く、心がよどんできたときの今日のお話し。

何はともあれ、今日も暑い。
そんな中、恒例の月末の銀行まわりは地獄巡りと化してしまいました。
とにかく月末はこれだけでも忙しくて、バタバタするのに、この暑い中、3時間ほど外回りをして、地下鉄を利用して戻ってきた頃にはぐったりしていて、どうにもこうにも、地上に上がるのに階段を利用する気になれず、にエレベーターに乗ってしまいました。
その時、一緒に5人の家族連れが乗っていたんだけど、降りるとき、先にその家族にゆずって開ボタンを押していたら、家族の中でも一番小さな男の子が可愛い声で「ありがとうございます」とワシに向かってひとこと言うじゃないですか。
たぶん幼稚園に通っているような男の子。
たったそれだけのことで、暑さでよどんでいたワシの心だけでなく、エレベーターに乗っていた全員の心が一瞬で軽い気持ちになりました。
もちろん、お礼を言われたワシは「どういたしまして」と自然に応えているし。
なんか、久しぶりに心が穏やかになった瞬間でした。
このときの笑い声ってなんかメッチャいい。

実はこのとき、この家族とは別に年配のオッサンが二人乗ってきて、我先に乗り降りしようとしていて、ワシの気持ちは爆発寸前だったんだけど、救われました。
そんな沸騰した気持ちをあっという間にさましてくれた子供の力。
見せつけられましたよ。

もちろん、これからこの子供がどんな風に育つかわかりませんけど、見ず知らずの他人ながら良い子に育って欲しいなと願ってしまうワシなのでありました。
スポンサーサイト

| Time as you pass by | 18:56 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

08/29のツイートまとめ

MA3104HB

捨て上手になるために。アバクロやらGAPやらその他諸々。リサイクル行きです。 http://tweetphoto.com/42144403
08-29 21:31

| Time as you pass by | 10:20 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

08/27のツイートまとめ

MA3104HB

@SS6021やっと秋が見えてきたわ。見事に蝉の声からきりかわったわ。
08-27 16:05

今でも三国志はやはり川本喜八郎の人形です。そんな世代のワシであります。
08-27 16:03

朝の陽射しもようやくやわらいで、駅までの道のりがやっと楽になったよ。夏の終わりも近し、かな。
08-27 08:37

| Time as you pass by | 10:26 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Paprika -reprise

久しぶりに『パプリカ』をみた。
この映画、何度みてもやはり面白いと思う。
なんと言っても平沢進の音楽が心地よい。
『白虎野の娘』が頭からはなれません。

この映画をかたる時に、その色合いからしてとてもカラフルな映画、として認知されているのも事実。
たしかに、そのとおり。
でも、今回見直していて気づいたんだけど、カラフルなのではなく実は、我々が見ている現実の色がカラフルなのだ。
映画の中の色はその一部に過ぎない。

と、ちょっと訳のわからぬ事を言ってみた(笑)。

それにしても、二重にも三重にもしかけられた工作が今になってたまらないもんになってます。
新作『夢見る機械』のことを知ってみるとなおさらである。
もうにやにやしっぱなしである。

パプリカのラストで次回作を示唆するシーンがあり、その中に『夢見る子供たち』というのがあって、ファンの間でひそかに盛り上がっていたものである。
その映画のポスターには3人の子供の姿が…。
そして、今回の『夢見る機械』に登場するロボットはやはり3体。
男女比率も一緒。
パプリカの本編中、ほかにもにやついてしまうシーンがいくつかある。
それが、遊園地のシーン。
そこには“ロボットドリームランド”があったり、そのロボットが夢見る機械のロボット達とキャラが似通っていたり…。

ここまでくると、この映画がどんな楽しい映画になっているんだろうと思わずにはいられない。
ホントに楽しみである。



でも、もうそれは100%ありえないことになりました。
やっぱり、監督にはせめてこの映画の完成まで生きていて欲しかった。
ま、もうそれを言っても仕方がないこと。
いつか、その意志は引き継がれることでしょう。

もういちど、最後に一言。
伝説のアニメ作家にはちょっと早過ぎるよ…ね。

| Movie | 11:35 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

08/25のツイートまとめ

MA3104HB

今敏。また、好きな映像作家が逝ってしまわれた。新作を楽しみにしていただけに、残念でならない。
08-25 15:11

| Time as you pass by | 11:27 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

| PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。