PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

ハリーポッターと死の秘宝PART2

hp7_2_1_1b.jpg
ハリーポッターと死の秘宝PART2
Harry Potter and the DEATLY HOLLOWS PART2

いよいよ大団円。
かれこれもう11年か…。
ワシ自身原作を全く読まずにここまでよく見続けたモンだと思います。
途中、何度かの監督交代により作風が変わったりしたり、当時のワシとしては痛烈な批判もしたこともあったけど、きちんと最後まで作り上げてくれた関係者にはありがとうの一言しかない。
11年という時間は人の時間としても決して短い方ではない。
これだけの時間のあいだに、作り手も観客も、意に反してリタイアした者もいるだろう。
だからこそ、今この物語の完結を観られることに感謝しなければならない。
ありがとう。

さて、話しであるがもう言うまでもない、ハリーとヴォルデモードの最後の戦いである。
正直は話しをすると、原作も読まず、映画も一度観たら二度目がほとんどなかったワシ。
そんなわけで、かなり物語に“抜け”があります。
だけど、もうそこはそんなに問題なくこの映画、いやこのシリーズを一本の長いエンタテインメントとして楽しんだかと言うことなのだ。
敵味方に関係なく主要なキャラについて、あっさり倒されてしまうところなんかはもう愛嬌ということで(笑)。

そう、この映画(シリーズ)はいかにハリーそのもののにスポット当てた至極当たり前の映画なのである。
だから、ハリーポッターだけを追っかけていくと、なんら問題なくその成長をうかがい知ることが出来るのだ。

かつて『ロードオブザリング』が完結したときに感じた寂しさは、やはりこの映画でも感じた。
おそらく、ここまで壮大なスケールの映画はしばらく現れそうにない(ひょっとしたらアバターがそうなるかも?)と思う。
だけど、今後そういう映画が出てきたとしても、ついて行けるかどうか自信はないのだが(笑)。

最後に。
今回は泣く泣く3Dを鑑賞したけど、やはり2D向けの映画である。
劇場関係者に言いたい。
収益を得るための無駄な3D興業はやめて欲しい。
せっかくの、綺麗な映像もただの暗い画像になるだけなので。
ちなみ、ワシはこのシリーズではやはり死の秘宝が一番面白かったですね。
スポンサーサイト

| Movie(2011) | 20:04 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGESELECT | NEXT