PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

現在/過去/未来

現在

昨日の日曜日、丸3年の東芝ノートPCが突然調子悪くなった。
それを、修正するのにほぼ丸一日かかったわけだけど、あやうくここにきて今度はWindowsマシンを買うのか?と焦ってしまった。
結局のところ、原因はiTuneが何かの拍子に逝ってしまったらしく、それが不調のもと。
なんとか復旧はしたけど、そのとき必要な音楽データと大切な画像データをMacにコピー作業に没頭。
で、あらためて過去の“旅の思い出”画像をMacのiPohotでスライドしながら涼しい夏の夜を過ごしてしまった。

過去
その中で一番古い画像は1997年のオランダ旅行だった。
そして、一番新しい画像は2011年、そう今年のトルコ旅行。
1997年といえば、ネットが普及し始めてワシが初めてホームページを持った年。
それと同時に、カメラがフィルムからデジタルに移行し始めた年でもある。
そんな訳で、このオランダ旅行の画像が最初のデジタル画像であります。
それからもはや14年、順番に旅を追っていくとそのままデジカメの歴史になったりしています。
もちろん、わし自身の変貌ぶりや(といってもさほど変わりはないと思うがw)、着ている服とかもかなり歴史が感じられます。
なんと言っても、その旅の画像に一緒に写っている方々がそれら以上の歴史となんだかちょっと心がズキンと痛むのです。
今もなお交流がある方、訳あって連絡もなくなった方、色々です。
でも、やっぱり旅の画像は「このときは本当に楽しかった」と心から思えるもんですね。

未来

さて、これからのワシはどうなるんだろうか?
という、漠然とした疑問がやはりあります。
家族のことやこれから一緒に過ごすであろう人々のこと。
もちろん、自分自身の将来。
今思えば、人は悩みの連続なのかもしれないけど、なんとかやって行けそうである。

人それぞれにささやかな歴史があるというのを改めて気づいた夜でした。



明日に出逢いたくて
石川優子

大人の言葉のひとつひとつ
心尖らせ耳を塞いで
背中向けてた頃もあった
初めて挫折に打ちのめされ
すべてが終わりと感じていた
力つきてた19才の頃

人生の重さに戸惑うことは多いけど

明日を信じたくて
だから生きてきた
失うものは何も
ないと知ったから

時の優しさ分かりかけて
つまづくことに強くもなれた
人の出会いに助けられた
人は形のあるものより
見えない心に惹かれるもの
見えないなにか求めるもの

人生のページを喜び悲しみ埋めていく

明日に出逢いたくて
だから生きていく
どこかで触れたときの
笑顔恋しくて
スポンサーサイト

| Time as you pass by | 21:46 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT