PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

Les Misérables



Les Misérables

もういつだったか、初めてこのミュージカルを観たのは。
今年の初めにトレーラーが公開された時から、今年一番観たい映画だった。
それにしても豪華なキャスト。
そんなキャストの中で意外だったのがラッセル・クロウ。
歌えるのか?と疑問に思っていたけど、先日テレビで放送された特別番組で疑問が解けました。
なんでも、ブレイク前はオーストラリアではミュージカルを舞台に活躍していたとのこと。
それと、この映画は通常のミュージカル映画と違って、撮影時にキャストが実際に歌いながら演技しているとのこと。
ま、これは演者にとっては本当に大変だっただろうと思う。
歌いながらの演技、実はこれってこれまでのミュージカル映画も舞台ミュージカルも真似できないこと。
そのせいか、この映画はすべての歌のシーンにおいて演者のアップで撮られています。
なので、小細工はできないから役者は歌も芝居も本当にできないと成り立たない構成になっている。
おかげで、観てる側は本当に引き込まれてしまいます。

映画の冒頭は“Work Song”は映画ならではシーンに仕上がってます。
罪人バルジャン(ヒュー・ジャックマン)と警官ジャベール(ラッセル・クロウ)の最初のシーンからもう目が離せません。
仮釈放になったバルジャンを救う司祭に(本家の舞台番バルジャンの)コルム・ウィルキンソンは重厚な演技と歌で魅了してくれます。
そして、この映画の白眉ものがフォンティーヌ(アン・ハサウェイ)の"I dream a dream”のワンカット撮り。
ワシはこのシーンだけでアン・ハサウェイに今年の映画賞を総ナメにしても良いほどの演技。
いや、本当に素晴らしいです。後の“Come to me”もしかり。
で、やっぱりジャベールの“Star”はラッセル・クロウでも良い物は良い。
舞台がパリのフランス革命前夜に移ってからはやはり“Red and Black”や“Do you hear the People?”“One day mor”と名曲が続いて涙涙の"Final”までもう止まりません。
もちろん、エポニーヌの“On my own”も忘れてませんw。

そして見終わった後、エンドロール途中で退席する人の多いこと。
ひょっとしたら、明るくなって涙顔を見られたくなかったのか…。
それくらい、泣いている人が多かったと言うことですね。

2012年、今年の最後に良い映画をみせていただきました。
時間があるならもう一度、観に行こうかと思っています。
スポンサーサイト

| Movie | 23:49 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT