PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

年齢を感じる瞬間

台風の影響なのか、ちょっと前の涼しさは何処へやら、残暑が厳しい8月最後の日曜日。
有権者の皆様は選挙に行かれましたか?
私はというと、本日は日曜出勤のために昨日に期日前投票をすませておきました。

さて、今日の話しは選挙に関わるようなまじめなものではなく、もう少し、いや、かなりゆるーい話しでも。

あと数ヶ月後にはあろうことか私ももう42歳になりますが気持ちばかりはまだまだ若いつもり。などと言いつつもやはり歳をとったなぁという瞬間もしばしばある。
それは体力的なことや、体のなかで起こる能力的な衰えもあるのだが、そうではなくて感覚的なもの。

この感覚を味わった最初が、たぶん17、8の頃だったと思うたが。
春先から新人がデビューするのだが、その中でもアイドルが自分より年下になっていったとき、ショック、と言うかものすごく不思議な感覚だったのを憶えている。それまでアイドルと言えば憧れのスターだったわけで(聖子とか明菜とか)このときはホントに歳をとったなとしみじみ思いました。
あと、プロ野球でスカウトされる新人が年下になった時も同じ感覚でしたね。そのせいか未だに野茂が私よりも年下だとは思えないのだが。

次に、いつの頃からか、大嫌いだったはずのひじき、うめぼし、白和えなどのお袋の味的なものが美味しく感じられ、食べられるようになった時。このときばかりは本当に“オトナ”になったのだと感じたものである。これもわりと多くの方々云いますね。

そして今。

そう、実は宝塚、タカラヅカ…なのである。
これは何なのかというと、ご存じの方も多いと思うが宝塚のトップになるにはそれ相応にキャリアを積んで時間もたっぷりかけて出てくるため、頂点に立つ頃はわりと好い年齢になっていますよね。そのせいなのか、はたまたそのおかげなのか、退団するときの年齢がさらに高くなっているのは公然の秘密なのか、それともそれを言うのはタブーなのか?はよく知らないが、とにかく皆さん割とご高齢なのである。
ここまで書くとおわかりいただけると思うが、そう、ヅカのトップが退団した時の年齢よりも自分が年上になっていたとき、そりゃもう本当に“オッサン”になったんだと痛切に思いますね。
ちなみに、真矢みきは少し上で天海祐希は同い年。
ま、今のところまだ上だったり同い年だったり、せめぎ合いの状態ではあるけど時間の問題である。

とは書きつつも、年老いていくのは逃げられない現実なのでさほど問題ではないのだが(笑)。
それよりも、言うじゃないですか、年を重ねるのは素敵なことだと、ね。
スポンサーサイト

| Column | 18:22 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT