PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

つばさの折れた朝ドラ

そろそろ、現朝ドラの終了も近くなってきてますけど、先も見えたので早いけどぶちまけさせてもらいます。

でもって、気持ちは早くも次の『ウェルかめ』に飛んでるワシでございます。

正直、『つばさ』がここまでダメになるとは思いもよらなんだけど、そもそも、朝ドラってどれもみんな、はじめの頃は注目してみてるんですよね。話題の脚本家の本だったり、豪華な出演者だったり…なによりも民放のドラマにはないしっかりした作りとかを味わえたりとか、ホンマにいつもいつも期待してるんですよ。

でもね、蓋を開けてみると前作の『だんだん』みたいに、がっかりすることの方が多いのも事実なんですけどね。ま、始めからダメだった『天花』『瞳』はおいといても、ここ数年は特に東京制作が本当にダメダメ。大阪制作とは比べもんにならんくらい作家も俳優も豪華やのにね。大阪制作に至っては『てるてる家族』から『ちりとてちん』までが黄金時代になる可能性もないわけではないが…(笑)。
どっちにしても題材はどれも良いと思うんですよね。次の次の『ゲゲゲの女房』とかって、今から楽しみでしかたがないしさ。ま、ヒロインが松下奈緒って言うのがちょっと疑問フラッグたちまくってますが…。

今更の話をしますが、ダメダメ朝ドラの『瞳』のとき、脚本家に対してかなりのバッシングがあったんだけど、本当は脚本家が悪いのではなくて、NHKの制作プロデューサーに問題があるのではと思うんよね。この瞳の脚本家の鈴木氏の他の芝居を見せてもらう限り、悪い本を書くとは思えないもの。当時、バッシングをしたワシが改めて言うのも申し訳ないんだけど…。
とは言っても今でも瞳に関して言えば何を言いたかったかすらわかりませんが。

それに比べて『つばさ』。

もっと、まともな話しになると思ったんだけど、完全に肩すかしでした。
最大の要因はやっぱり制作陣だと思います。なんで、無理して“『ちりとてちん』みたいな流れ”のドラマを作りたかったのか?伏線にならない伏線をいっぱいおいて、あとからわざとらしく回収してます、って見せられても正直言ってしらけてしまいます。
伏線の意味をきちんと調べてからそうしてほしいもんであります。
ま、朝ドラ視聴者もちりとて以来伏線探しにやっきになってるという愚行もあるんだけど。

悪人だった富士真奈美を急転直下で“めっちゃいい人”にしてみたり、コミュニティラジオで人とのつながりを紡ぐってうたっていた割には、身内しか出てこなかったり。そもそもFMのラジオ局って二人でやっていけますか?
あとは、やはりNHKとしてはあるまじき言葉の使い方とか聴くに堪えないです。“主人公の加乃子”が発した「母さんを送り出したい!」、ってあんたね、それこそ『おくりびと』やないのさ。

ま、結果的にはこういった小さなミスが結局最後まで尾を引いたドラマでしたね。
スポンサーサイト

| TV | 18:22 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT