PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

ワハハのハナシ


WAHAHA本舗
結成25周年
新たなる旅立ちへ
『 無駄な力 』
日本を変えるのは
オレたちだ!


本日は、多治見にワハハ本舗初見参と言うことで、行って参りました。
本公演はしばらく続くので、出来るだけネタバレ少なめに感想書きます。


それにしても、あ、ここからすでにネタばらしなので読みたくない人は今日はやめておいた方が。









いきなり『マンマミーヤ』でございます。
10分超の素晴らしいダンスが見られます。
ご高齢にもかかわらず足が動く動く柴田さん、もちろんまちゃみもね。
あたしゃ、感心しまくりです。

さっそく見えるか見えぬかの『混浴ダンス』はいきなり笑いの渦に巻き込んでいただきました。でもって、すかさず梅ちゃんの『水芸』でいきなり最高潮ですからホント大笑い。

佐藤さんと柴田さんのとってもブラックな『絵画展』もなかなかどうして、久本の『ホントにあった怖い話』とエロディープな世界ですわ(笑)。

それにしても多治見という土地柄か子供連れの多いこと!
ワシもはなから気になっていたんですけど、『エロ替え歌』で久本さんマジやりにくかったでしょ。おっしゃっていたとおり連れてきた親の責任です。
でも、最前列ど真ん中に8歳の男子と10歳の女子はないな(笑)。

今回の出し物でワシの一番のお気に入りは柴田さんの『一人芝居』は正直言って、柴田さんがあんなに女優だとは思いませんでした(失礼ながら)。
故赤塚不二夫氏の漫画をふんだんに取り入れた一人東宝ミュージカル、最高です。
あ、東宝なのでヅカもありましたね。
オスカル、ジャンバルジャン、ドン・キホーテ…ですもん。

正司歌江、柴田、久本の『監獄娘』はトリオ漫才で歌江師匠、80過ぎてもホンマに巧いです、凄いです、天下とっただけのことはあります。

でもって、みんなゾンビになって恒例の『ONE』。
やっぱりあれだけの人数のラインダンスは見ていてホント気持ちがいいです。

と、ざっとこんな感じで感想終了!
って、ホントはまだまだネタはあるんですけどね(笑)。
ホント、楽しい一夜でありました。
無駄な笑いをサンキュ!

最後に座長の佐藤さん。
足の不自由な方や高齢者の方々に駆け寄って声をかけていたのがとっても素敵でした。
スポンサーサイト

| Play & Music & Books | 23:45 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT