PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

Love Songs~また君に恋してる~



Love Songs~また君に恋してる~
坂本冬美

1. また君に恋してる
2. 恋しくて
3. あの日にかえりたい
4. 会いたい
5. 言葉にできない
6. 恋
7. 夏をあきらめて
8. シルエット・ロマンス
9. 片想い
10. なごり雪
11. 時の過ぎゆくままに
12. 大阪で生まれた女 
13. また君に恋してる duet with ビリー・バンバン

演歌歌手のなかでも大好きな冬美。実は、過去には『大全集』とかも聴きまくっていたりして、それくらいフェイバリットの一人。なぜ、彼女のことが好きなのかというと、同世代で(ひとつ違い)同郷、でもってやたら歌がうまいこと。この歌については巧いだけではなく、なんと言ってもやっぱり声が良いのだ。そこらにいる演歌歌手だと、歌い方もさることながら声そのものが押しつけがましく大好きとまではならないのだけど、彼女だけは別。だからこそ、いわゆるNM系のアーティストとも相性が良かったんだろうと思うのだ。

そんな彼女が昨今の流行のカバーアルバムを出すと聞いたときは、「冬美もやってしまったか…」と落胆したのだけど、ほぼ衝動買いで聴いたところそれはまったく杞憂に終わりましたね。とにかくすばらしいのひとこと。正直言って、楽曲の中にはまたこの曲か、って思うものもあったんだけどとにかく全曲聴いていて気持ちいいのね。それもこれも前述の声があるからこそなんだけど、素直に耳に入ってきて心地良いのだ。出勤の車の中で流していたんだけど朝晩問わずどの時間帯にでも気持ちよく聴ける作品集です。

ワシのお気に入りの曲についてちょこっと感想。

『また君に恋してる』
これは『いいちこ』のCM曲としても使われるんだけど、初めて聴いたときからのお気に入りでやっと手元に来たって感じ。ま、13曲目はご愛敬です(なくても良かった)。

『恋しくて』
ワシ、この曲をBEGIN以外で良いと思えたのが彼女だけ。そもそも演歌とブルースって相性が良い上に、彼女の声で聴くとこの曲のすばらしさも再発見です。

『恋』『なごり雪』
この2曲については、明菜もカバーをしているけど正直いって遙かに冬美の方が良い。雰囲気作りという意味では明菜に軍配が上がるけど、やっぱり伸びやかな声って言うのはそれだけでなんか響いてくるもんである。

『時の過ぎゆくままに』
これ、ジュリーの曲の中で一番好き。それを冬美が歌うとどうなるか、って、そんなのはじめからわかっていたけど、わかりきっていたけど合わないはずがない。ほんと、聞き惚れてしまいますわ。

『大阪で生まれた女』
これも前曲と同様に聞き惚れてしまいます。いわゆる熱唱系の曲なんだけど、こってりしていないというか、これもやっぱり声質のおかげなんだろうね。さっぱりはしているんだけどそれでもやっぱり、この歌の情景がふっと浮かびます。

全体を通して感じたのは、奇抜なアレンジもなく(『大阪~』は別だけど)、とにかく曲と彼女の声を最大限に生かしているアルバムですね。

と言うわけで、ワシとしては大絶賛なアルバムなんだけど出来たらこの企画はこれで終わらせてほしい。単発で忘れた頃にシングルとかで出す分にはいいけど、こんなすばらしい作品集は1枚あれば『幸せハッピー』なのである。

スポンサーサイト

| Play & Music & Books | 23:39 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT