PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

アバター



アバター
AVATAR

ワシとしては珍しく公開年が明けてからの鑑賞となりました。そもそも、12月は超忙しくて映画を観に行く暇もなかったので、どんなに観たくてもちょっと無理だったんですね。で、仕事もようやく落ち着いたこの連休になりました。そのおかげで、いろんなところからの情報があって、今回は間違いなく3D版を観るべきとの意見が多数あったので、名古屋に出来たばかりのIMAXシアターに行ってきました。それにしてもようやく名古屋でもIMAX版の映画が観られることになったわけですが、さすがにこの映画は全編をそれように作っているだけあって、迫力という意味では満点ではないでしょうか。ただし、後にも先にも3D映画を観たが初めてナワシにとって、最初の10分間くらいは目が疲れてしまってこのまま眠りについてしまうんじゃないか、と思うくらい目が慣れるのに時間がかかってしまいました。ま、慣れてからはあっという間の約3時間でしたが。

さて、内容ですが。面白かったです。

と、一行で済ませてしまっても良いくらいなんですけど、観られた方はほぼそう思うんじゃないかと思うほど、日本人にとってなじみのあるストーリー展開でしたね。ま、それを何かと言ってしまうとネタバレになってしまうので控えておきますけど、アレですよアレ。

虫とか環境破壊とか救い主とかはアレで、別の部族が協力して巨悪に立ち向かうのはアレだったり…、これ以上は書きませんが。

それにしても、当初この映画の予告編を観たときは間違っても観に行くことはないだろうと思っていました。と言うのも、どうしても受け入れがたかったがあのアバターのデザイン。あまりにも美しくなく、果たしてアレを観ながら感情移入できるものだろうかという疑問がものすごくあったから。結果的には、前述のストーリー展開と内容によってそれなりに感動もさせられたので、自分の中ではこの映画は良い収穫だったと思います。

この映画のメガヒットにより今後は3D映画が主流になると思われるけど、やはり内容を重視してもらいたいなという気持ちがあります。実際このアバターも内容が良かっただけに楽しんで鑑賞はできたけど、これがもしも内容的にイケてなかったらただ目が疲れる映画になりかねないですもんね。
スポンサーサイト

| Movie(2009) | 22:24 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT