PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

CR-Z

今朝、雨降りでちょっと肌寒い中、開店時間を見計らってHONDAディーラーまで足を運んできた。
目的はただひとつ、CR-Zをこの目で確かめること。
さっさと朝ご飯をすませてはやる気持ちを抑えながら、“現愛車”のストリーム君を飛ばす。

ディーラーに付くと、担当の兄さんが「待っておりました」と足早に駆け寄ってきて、さっそくCR-Zの元に。
そして、目の前に飛び込んできた目映いばかりの実車。

「あぁ、なんてカッコいいんや~」
と、と思わず口にしながら早速コックピット(今回はこう呼ばせてもらう)に鎮座する。
ちょっと堅めの座り心地と深く沈み込んだ姿勢が、いかにもこのクルマらしさを実感する。
この感覚はかつてCivicを乗ったとき以来で、高めのシートに慣れたワシにもかなり新鮮である。

クラスはαのCVT車。
一応これがワシの狙い目なのだが、いざ実車に触れてみると6速MTでもいいかも、と思ってしまう。

まずは外観。
何というか、これぞハイブリッドの原型とでも言わんばかりの形。
インサイトをはじめトヨタのプリウスもここから始まっていたのだというのがよくわかる。
しかしながら原型と言っても、もはや進化した形でCMやカタログ以上に一目惚れ。
シャークフィンアンテナもこのクラスで付いていて文句の言いようがない。
マジ、惚れ惚れ~。

内装。
インパネ部分は電子メーターがやたらとあって当然ながらハイブリッド車の作り。
必要な操作ボタンはステアリング周りに集中させていて、使いやすさは問題なさそう。
それにしても予想通り狭い(笑)。
ま、これは予想通りなのだが特にセカンドシートはほぼ使えなさそうである。
逆に言うと二人までなら何ら問題なく走れると言うことですね。
ラゲッジもスーツケース2個ぐらいは何とか積めそうでここも許容できます。
バックミラーによる後方確認は、慣れれば大丈夫そうだけど止まっていた状態なので、どんな感じなのかは今のところわかりませんね。
このクルマ、クラスの割には横幅があるので運転席と助手席のみの利用なら余裕を感じるくらい。
ただし、シートの形状とアクセルペダルまでの前後の長さがかなりタイトである。
シートを一番後ろに下げた状態で、ワシの足が完全に伸びきらない状態。
でもって、シートは体にフィットするように作っているためかワシの体格でちょうどな感覚。
残念ながら体のでかい人や足の長い人にはこのクルマは不向きなのかも。

と言うわけで、ワシの中ではもうこれに決めた、といっても良いほどです。
次は試乗をしたうえでどこまでこのクルマに魅了されていくのか。
でもって、最終的には費用面でどこまで許容できるか、というところ。

しかし、ここまでワシが語るクルマっていうのも初めてでありますね。

スポンサーサイト

| Time as you pass by | 22:06 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT