PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

松田聖子

SONGS

久しぶりに松田聖子の歌声を聴いた。

『風立ちぬ』なんてランキング上位にテレビで歌った以来ではなかろうか?
ワシとしては思わず喜んでしまわずにいられない選曲である。
『sweet memories』もしかり。

しかしながら、時というのはこれほどまでに残酷なものなのかと打ちのめされた。
新曲を歌うのであれば、アレでも問題はないと思う。
だけど、かつてのティーンエイジャーの頃の歌はアレではダメである。
そもそも、松田聖子というブランドにおいてかの曲達はブランドを引き立てるアイテムだった。
それは絶対に戻ることの出来ない時間であったり、風景のようなもの。
それが、今、そのアイテムを使うことによって自分のブランドを壊してしまっていた。

老化により、声が出にくくなるとか原曲よりキーを下げて歌うとかそんなことは問題ではない。
はっきり言ってそんな歌手はごまんといるから。

かつて、松田聖子というアイドル歌手について未来を憂いたことがある。
それは、例えば彼女と同じように一世を風靡してもてはやされたアイドル歌手が、時を経て自分の曲を恥ずかしげに歌う姿をみて哀れだと思ったこと。
いつしか、彼女もそうなるのではないだろうかと。
結果的にはまだそうはなっていないけど、「もういいよお疲れさん」と言いたくなった。
正直言って、全盛期の頃のような説得力と表現力がまったく感じられない。

番組を見てひとつだけ良かったことをあげるとすれば、声。
全盛期の後半時の機械的な声は正直嫌だったワシだけど、今のかすれた声質が好きである。
特に『風立ちぬ』は歌い方を除けば、十分納得できたんだけどなぁ。
これは前回の『小麦色のマーメイド』でも感じたこと。

何はともあれ、来週のラインアップもホントにいいのか?
ってな曲である。
もちろん大好きな曲達なんだけどね。
スポンサーサイト

| Play & Music & Books | 15:14 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

PREV | PAGESELECT | NEXT